湯河原・福浦港/竹蔵丸の「めざせ!天然生活」

相模湾西部をホームグランドとする竹蔵丸の幅広い釣りと、魚料理の上達をめざす、ドタバタをゆる~く紹介するブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カサゴ釣り

2014-05-28 | カサゴ五目釣り
根掛かり頻発だけど、釣りは楽し!











28日はすべてレンタタックルの5名で浅瀬のカサゴ釣り。遅めの釣り開始を要望され、ゆっくりめに港へ行って準備してたのですが、7時頃に電話があり、これから世田谷を出るとのこと。ガ~~~~~~ン。一度自宅に戻って待機していると8時半に到着したと電話あり。えっ、そんなに早く来られるものなの。ということで、カサゴ釣りのレクチャーをし、すぐさま出発。


といっても釣り場は港前周辺の浅瀬で、近いところは港口から100mほど。でも、それじゃ船に乗った気がしないでしょうから、最初は今日予定しているポイントの一番遠い、港から1キロちょいのところまで凪の海をゆっくり走らせたのです。そして、釣り開始したのですが、一投目、一人の人の落とした瞬間にアタリが出て大きめのカサゴが釣れてきた。これで盛り上がったですね。次から次へとアタリが出てトップが5、6匹、なかなか釣れなかった人にも1匹釣れ、ボウズがゼロとなったところで場所を枯らさないため移動することに。

それから終了まで入れ食いとまではいかないが、ポツポツと釣れ続き、5人合計32匹の成果でした。カサゴ以外にもめずらしくアカハタやオニカサゴが釣れ、みなさんワイワイとにぎやかで、とても満足されたようでした。



この記事をはてなブックマークに追加

イサキとカサゴのリレー釣り

2014-05-02 | カサゴ五目釣り
イサキ釣りが、タカベとカサゴ釣りに!





1日も親子3名で出ることは出たのですが、予報が外れて海は大きなウネリが残っていた。風はそれほどないから7ノットしか速度が出せないが、初島までイサキ釣りに行くことにした。なんとか到着し釣り始めるが、初めて船に乗ったうら若き娘さんが、はじめ大丈夫だったものの、釣りを始めるとすぐダウン。しかもイサキはまったく釣れず、周囲の船にも一匹も上がらない。それがず~~~~~~~~~と続き、船は激しく上下する。

誰もまったく釣れない状態が2時間以上続いた頃、風が少し強くなり、娘さんがかわいそうだし、これ以上波が大きくならない内に、真鶴半島周辺まで戻ることにした。で、えっちらおっちら戻ったはいいけど、いつもの場所、アジやメダイの釣れる場所もキントキのポイントもウネリが大きく、初島となんら変わらない。それどころか風が強く、船を回すとゴロン、ゴロン、ゴロンと揺れる。

反応も小さく、これをハードに攻めきれない。う~~~~~ん、そんなことを繰り返してたら、娘さん、横になっているのが転がり落ちそうなほど。しかたないので、港前の風の陰になる少しでも静かなところまで戻り、何でもいいから釣ろうとするけど、これもまったくダメ。ついには強風が吹き出した。ガーーーーーーーーーーーン。釣り船を初めてから、初めてゼロ。な~~~~んもない、ゼロゼロゼロゼロ! 


2日の今日もまずはイサキ釣りを始めたが、海はベタナギなのに、イサキは前日とほとんど変わらず。タカベの反応がやたら出てくるから、途中からタナを上げてタカベ釣りをメインにした。結果、イサキは船中4匹のみで、タカベが9匹と5匹で、めずらしいウメイロが1匹。他船は釣れる人はそこそこ釣っているから船長が外しまくり、とうことですね。

で、30分早く初島をあとにし、次のカサゴ釣りに。カサゴは少し前に試したときはまったくだめだったが、今日は18,4度と水温が数日前rより2度高いせいかアタリがすぐに出て1匹ずつ釣れてきた。結果、2時間とちょっと釣りをし、5匹と4匹。カサゴはこれからよさそうですね。
しかし、この2日間のイサキ釣りはしんどかったナ~。
明日はキンメ釣りの予定です。


この記事をはてなブックマークに追加

カサゴ五目釣り

2014-01-25 | カサゴ五目釣り
ホウボウ復活!





今日はお客さん一人の大名釣り。
クーラーボックスだけ持参のオニカサゴご所望だったが、ホウボウもやりませんか、イワシが少し残っているのでヒラメも、とお誘いし、なんだかわけの分からない五目釣りに。

で、2本竿にしてもらい、まずはホウボウのお土産確保し、同時にヒラメ・マゴチ狙い。
前回のホウボウは一日やってボウズが2名出る大凶作。しかし、今日は早々に5匹釣れ、ハリ掛かりしないがアタリもいくつかあったよう。

だけど浅瀬のヒラメ狙いには高級魚のオウモンハタが釣れたものの、小さなアタリが2度出ただけ。
オニカサゴの水深へ入ってからもまったくダメだったが、途中からサオを出した私とダブルヒットが一度あり、しかしどちらもバラシ。

私のは巻き上げようとしたイワシ仕掛けに食ってきて、強烈に突っ込む。リールの速度はゆるくしてたけど、あまりの引きの強さに手持ちにしようか置きザオのままでいこうか迷ったが、そのままにしてしまった。

そんで、タモを取りに行き、戻ってみたら、あれ? テンションがない。あちゃー、ハリ外れしてしまったようだ。
上げたイワシを見たら、ヒラメの歯で引っかいた傷がある。逃がした魚は大きいけど、ホントにデカかった~。

ま、続いて釣れた1,5キロほどのカンコの引きより何倍も強かった。
お客さんの方は何度もサオ先を叩いたが、結局食い込まなかったようだ。エサに歯形もなかったし、オニカサゴじゃなかったか。

ま、今日は本命はダメだったが、オカズにはなったね。


この記事をはてなブックマークに追加