湯河原・福浦港/竹蔵丸の「めざせ!天然生活」

相模湾西部をホームグランドとする竹蔵丸の幅広い釣りと、魚料理の上達をめざす、ドタバタをゆる~く紹介するブログ。

イサキ釣り+アジ五目

2014-06-14 | アジ五目
にぎやかな五目釣りダ~!









今日、土曜日は前半イサキを釣り、後半アジやらサバやらの五目釣りを、というたいへん贅沢な釣り。だけど、イサキの場所は初島で、片道40分もかかり、ロスが大きい。なので、どちらも中途半端ということになる可能性もあるのです。

で、凪の海をトコトコとイサキ釣りに行ったのですが、釣り始めにパタパタっと小さいの3点、2点、1点ときたっきりウンともスンともいわない。回りの船もまったく釣れないと嘆いている。

そのあと、タカベが2、3と、も一度パタパタっときて、イサキが0~5匹になったが、それっきりダメ。時間がただ過ぎて行くし、魚を一匹も釣ってない人もいるし、9時前に意を決して真鶴まで戻ることにする。

ま、これが当たったわけではないけど、戻った一投目に全員にアタリが出て、大アジが4匹釣れてきた。大アジはそれっきりで、続けて大サバの猛攻にあう。
でも、みなさんキープしてくださるからうれしい。あとシキシマハナダイやトゴットメバルがにぎわしてくれます。

11時になり、港前に戻って浅い場所でこんどはマダイ・イトヨリ狙い。ここでも大サバが出てきたが、サバとイトヨリのダブルなんて面白いとりあわせになったりも。

12時までやった結果、マダイはなかったが、イトヨリ6、7匹、大サバ多数と、イトヨリがまあ狙い通りに出てくれました。

あとで聞いたら、イサキの乗り合い船はやはりダメだった様子で、ボウズ続出のよう。こちらのイサキボウズだった人は、戻ってから大アジやらイトヨリ、メバル、サバ多数とにぎやかになったから、早い決断がよかったかも。


この記事をはてなブックマークに追加

アジ五目+カサゴ釣り+山菜採り

2014-06-04 | アジ五目
都会生活にも天然生活の香りを







今日は古くからのお客さん3名で釣りをし、そのあと、森へ行き散策しながら山菜を採るという、釣りキチとしたらちょっと信じられないような一日を過ごしました。
このグループを森へ案内したのはこれでたしか2度目かな。

ま、私の場合も昔から、春はキスを釣り、山で山菜を採って天ぷらにし、山も海も同時に味わいたい、という希望をもっていたが、都会に生活し、週末海へ通う生活ではまず不可能でした。
今回はそのお手伝いといいますか、海だけでなく森のガイドもしたわけなのです。

で、アジ五目は大アジを3~5匹、大サバ多数を釣ったあと、カサゴを所望され、釣ったサバをエサにして合計5、6匹ゲット。
10時に沖上がりし、掃除を手早く済ませて10時40分にはクルマで15分の海の見える森へ。

ここではヤマグワやモミジイチゴを採って食べてもらったり、目立つ植物の名前を知ってもらったり、山菜のヤマウドや天ぷら用にモミジガサを採ったりした。
さて、どれだけ楽しんでいただけたかですな?


この記事をはてなブックマークに追加

キントキ五目

2014-04-28 | アジ五目
潮が速くて、なかなか釣りになりませ~ん







今日、風が強くて、釣りになるだろうか不安だったが、波がそれほど立たず、ギリギリなんとかなった。だが、潮が速くて反応の上に船を乗せてもすぐ流れてしまう。それでもポッツン、ポッツン、ポツリと一匹ずつキントキが釣れてくる。ここのところ潮が澄んで、魚探画面から濁りがとれてきた。そのせいか、それともワラサやブリなど青物が走り回っているからどこかに隠れたのか、ともかく反応は少ない。

結果、5人でキントキが9匹、ウマズラ4匹、シキシマハナダイ2匹。メバルは潮が速いし狙わなかった。キントキはデカイのと小さいのが交じりでした。あと、最後港前に戻って、小アジ2匹追加。反応は大きいけど、なぜか食ってきませんね~。


この記事をはてなブックマークに追加

キンメ釣り

2014-04-28 | アジ五目
トップは11匹釣れたのだが・・・





27日は3名でキンメ釣り。前日、周辺のキンメ船がひどい状況だと聞き、さてどこに行こうかとと迷った。Kさん、中型電動リールを買い、深場釣りを始めたばかりで、今回で3度目の挑戦だが、1回目はメダイとキンメ1匹。2回目は小ムツが2匹釣れたぐらいで、あとノドグロと、キンメはゼロ。
キンメがたくさん釣れている頃に深場釣りを始めればよかったのに、と思ったほど。ま、そうはタイミングよくいかないよね。

3回目のこの日は初めて凪になり、ならばダメもとで初島へ行ってみることにした。そしたらポイントへ入ったとたん、キンメの反応が出るではないですか。そんで、ポツリポツリと釣れはじめ、Kさん、なんと11匹と上出来。しかし、他2名は4匹とゼロ。隣りで同じ仕掛けで釣っているのに、なぜそうなるのか、ホントに不思議だった。交じりはノドグロカサゴとシロムツ。Kさん、次の予約もすぐくださった。


この記事をはてなブックマークに追加

アジ五目

2014-04-20 | アジ五目
大アジのあと、キントキが入れ食いに!



オクサンがアジ9匹。キントキは二人で25、26匹。大型が多かった。


オクサンが大アジ9匹、キントキは二人で20匹以上。



大アジ8、9匹とキントキも同数ぐらい(?)


昨日、午後から2名の急なお客が入り、雨の中、大アジ釣りをしたのだけど、寒いし空は暗いし、海の中も真っ暗なのでしょう、魚影は見えるもののほとんど口を使わない。で、大アジ5匹と3匹、大サバ1、メバルが3個と貧果で終わる(写真なし)。

今日、日曜日も常連夫婦2組と2回目の一人で来られたSさんで、アジ五目釣り。昨日の午後よりは食うだろうと同じポイントへ入り釣り始めると、反応が出てきて、わりと好調に釣れだした。最初にメダイが一発食ったのがはずみになったね。だけど、3名ぐらいがツ抜け寸前になったころ、パタリと食いが止まってしまった。

ウンともスンとも言わなくなり、このまま次の食い気を待つのもどうかと思い、キントキを見に行ってみることにした。そしたらポイントに入ったとたん、大きな反応が出てきた。キントキの反応はウマの反応によく似ているのですが、これはキントキのはず、ウマならエサが取られるだろうと、1投目を確認しようと思ったが、すぐさまアタリが出て、キントキが上がってきた。

大きいの、小さいのと交じりだったが、結果、2組夫婦ともよく釣れて、1組が25、26匹ともう1組が20匹以上。以前にもあったが、どちらの夫婦もクーラーボックスをもう一つクルマに隠してあり、入れ替えたり、アジがつぶれるからと2つに分けたり。
一人のSさんも、アジが8、9匹ぐらいとキントキもそこそこ釣り上げていた。外道に大サバ、ウマ、メバルがあり、メダイのバラシがあったりと、まあ、竹蔵丸としたら大漁デーでした。

あっ、大アジ9匹釣り上げたオクサン、アジをタモ取りで5匹もバラしてました。重いタモしかなくてごめんなさい。海も始め荒れてたしね。


この記事をはてなブックマークに追加