ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

秋の陣に安定感 クラブ契約フリーの池田勇太のセッティング

2016-10-11 13:47:01 | 日記

日時:2016年10月6日(木)~10日(月) ※日没サスペンデッドでプレーオフ月曜順延
開催コース:石岡ゴルフ倶楽部(茨城県)
優勝者:池田勇

 

池田勇太が2日間に及んだ9ホールのプレーオフを制して、今季2勝目、ツアー通算15勝目をマークした。シーズン初勝利を挙げた4月の「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」からクラブセッティングを一部変更。1Wは今年8月に発売を開始したプロギアRS ドライバー Fをバッグに投入。ボールのつかまりを抑えるモデルで、今夏2年ぶりにリニューアルしたモデルだ。

フェアウェイウッドはキャロウェイのXRシリーズで統一。アイアンに変更はなかった。主なスタッツでは、バーディ率4.09で首位に立った。

 

<最終日コメント>
「ラッキーもある。運も味方してくれた。しばらく2位続きでどこまで我慢できるかの今週だった。入って欲しいパットもなかなか入ってくれないし、試されているような1週間だった。とにかくティショットをフェアウェイにおいて、確実にピンを狙うことに集中した。ここ最近はずっとショットの調子は良かった。やっと勝てて吹っ切れた」

 

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:プロギア RS ドライバー F(9.5度)
※シャフト:三菱レイヨンディアマナ BFシリーズ 70(硬さ:TX、長さ45インチ)
フェアウェイウッド:キャロウェイゴルフ XR フェアウェイウッド(3番15度)、キャロウェイゴルフ XR PRO フェアウェイウッド(5番18度)
ユーティリティ:キャロウェイゴルフ XR ユーティリティ
アイアン:ヨネックス N1-CB フォージドアイアン(4番~PW)
ウェッジ:ヨネックス EZONE N1-W ウェッジ(52度)、タイトリストボーケイデザイン SM4ウェッジツアークローム(58度)
パター:オデッセイ ミルドコレクション TX DYPEパター #6M
ボール:ブリヂストンゴルフ TOUR B330Xボール

 

以上、GDOニュース

 

池田勇太はブリジストンのクラブを長い間使用してきたが、今は色んなクラブをチョイスしている。

ドライバーはPRGR、FWはキャロウェイ、アイアン、ウェッジ52がヨネックスを使っている点が面白いですね。アンソンジュと同じですね。アンソンジュはヨネックスと契約しているからヨネックスで揃えているけど、FWはキャロウェイのXRを使用しています。

 

これで言えることは、FWはキャロウェイがいいと言えそうですね。また、PRGRのドライバーもよさそうですね

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国経済は改善、債務リスク... | トップ | 「トランプ劣勢」が裏目に、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL