ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

【前半戦スタッツ振り返り】鈴木愛の強さはやはりパット!!女王イ・ボミ今季低迷の理由も…

2017-06-28 15:15:24 | 日記

アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。

表彰式の最中も鈴木愛は“ザ・練習の虫”

平均パット数(パーオンホールの総パット数÷総パーオンホール数)で1位に輝いたのは鈴木愛。今季2勝目となった「アース・モンダミンカップ」最終日の18番グリーン。外せばプレーオフという場面で、6mのややスライスラインの易しくないパットをねじ込み、追いすがる三ヶ島かなに引導を渡したところは、去年も平均パット数トップだった貫禄を見せた。

2位、3位には、去年ランク4位だった全美貞(韓国)、今季賞金ランクトップのキム・ハヌル(韓国)と続く。今季未勝利のイ・ボミ(韓国)は、去年ランキング3位ながら現在21位と低迷。苦しいシーズンを送っている理由のひとつかもしれない。

【平均パット数ランキング】
1位:鈴木愛 1.723回
2位:全美貞 1.7505回
3位:キム・ハヌル 1.7632回
4位:森田遥 1.7681回
5位:申ジエ 1.777回
6位:テレサ・ルー 1.7794回
7位:姜秀衍 1.7795回
8位:アン・ソンジュ 1.7836回
9位:ペ・ヒギョン 1.7868回
10位:堀琴音 1.7869回

21位イ・ボミ 1.7992回

以上、アルバニュース

 

 

パット数は、賞金獲得ランキングの高い選手が上位を占めており、パットがうまいと言えます。

 

言い方を変えると、パットがうまい選手は強いです。

 

鈴木愛がパターがうまくて一番強いので、賞金獲得も2位ですが、キムハヌルを抜いてトップに立ってほしいですね。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東芝、株主総会で社長が陳謝... | トップ | 【前半戦スタッツ振り返り】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL