ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

1日5食で5kg増 松森彩夏はセッティングも安定志向

2016-10-18 13:42:52 | 日記

日時:2016年10月14日(金)~10月16日(日)
開催コース:東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(千葉県)
優勝者:松森彩

 

「富士通レディース」最終日に首位を1打差で追って出た松森彩夏が5バーディ1ボギーの「68」で通算12アンダーに伸ばし、ツアー初優勝を飾った。1打リードで迎えた最難関ホールの最終18番では、2打目をグリーン奥にこぼしながらも、シーズン前に磨いてきたアプローチでピタリと寄せてパーセーブ。後続をきっちり振り切った。

 

ウェッジはツアープロの使用が多いフォーティーン製。ウッド、ユーティリティ、アイアン、ボールは契約を結ぶテーラーメイド製をバッグに入れている。オフに体重アップのため1日5食の生活を続け、5キロの増量に成功したことでショットの安定感が増したといい、この週も以前にテストしていた最新モデルではなく、前モデルのグローレFドライバー を使用するなどセッティング面でも安定感を重視していたようだ。

 

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:テーラーメイドグローレ F ドライバー(10度、45.75インチ)
シャフト:フジクラ Speeder Evolution III  661 硬さ:S
フェアウェイウッド:テーラーメイドグローレ F フェアウェイウッド(2014年)(3番15度)
ユーティリティ:テーラーメイドジェットスピード レスキュー(22度、25度、28度)
アイアン:テーラーメイド PSiアイアン(6番~PW)
ウェッジ:フォーティーン RM ウェッジプロトタイプ(50度)、フォーティーン RM-21 ウェッジ(54度、58度)
パター:オデッセイ MILLED COLLECTION TX パター DYPE モデル  #2M
ボール:テーラーメイドツアープリファードX ボール

 

以上、GDOニュース

 

テーラーメイドですべてまとめているかと思いきや、ウェッジはフォーティーンRM-21を使用しています。

 

テーラーメイドのウェッジよりフォーティーンがやっぱりいいんだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サムスン電子、「ノート7」... | トップ | ラストスパート狙うイ・ボミ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL