ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

葭葉ルミは暫定14位「パットがよく決まった」・・・2017全米女子オープン初日

2017-07-14 15:36:39 | 日記

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン初日(13日)◇トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)◇6668yd(パー72)

 

雷雨による約2時間の中断を挟み、日没サスペンデットとなった大会初日。午後組に入った日本勢は、鈴木愛が2オーバー暫定80位でホールアウト。葭葉ルミは5ホール残して2アンダー暫定14位。川岸史果は3ホール残して7オーバー暫定143位とした。

 

最終9番のティショットを打ち終えたところで日没を告げるホーンが鳴った鈴木は、そのままプレーを続行。最後は2mのパットを外してボギーとし、「ショットも天気も悪いし散々。納得いくゴルフが全然できなかった」と意気消沈した。

 

一方、暫定ながら日本勢最上位につける葭葉は、18番(パー5)の2打目で残り230ydから果敢にグリーンを狙ったが、手前の池に入れてダブルボギー。だが、それ以外は4バーディとスコアを伸ばし、「18番は攻めた結果。全体的にはパットがよく決まってくれた」と納得の表情で振り返った。葭葉は初出場した2015年大会で14位に。大舞台で再び存在感を見せている。

 

今大会初出場となる川岸は、13番(パー4)でアプローチのミスから6オン2パットの「8」とするなど、荒れた内容で出遅れた。(ニュージャージー州ベドミンスター/今岡涼太)

 

以上、GDOニュース

 

 

葭葉ルミ、鈴木愛、川岸史果に期待していたが、川岸の初日は落とし穴にハマったようです。

 

良かったのは葭葉ルミ-2です。池に入れて-2だから大したものです。

 

4日間競技であり、長丁場ですから最後まで粘ってほしいですね。

 

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017サマンサタバサレディス... | トップ | 岩橋里衣が自身初の首位発進... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL