ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

2017.7.16 効果的なコンパクト素振り(自宅にて)

2017-07-16 14:06:51 | 日記

 最近は、コンパクトなスイングフォームづくりのためにキャンディボールを両肘付近に挟んでマットにゴムティを挿したものを打つ、素振りをしています。

以前はキャンディボールを挟んでこのような素振りが満足にできなかった私だったのですが、飛距離を求めることをやめた気持ちになることをキッカケに我慢強く、コンパクトスイングができるようになりました。

 

 

<コンパクト素振りのポイント>

アドレスで左頬をゴムティに合わせて構える

右肩までのバックスイングする

切返し、ダウンスイングでは、左腰をフェイスに見立てて左腰から動かす

腰が左足にずれた後、左腰を回転させ、フィニッシュに向かう

 

それから、使用クラブはPWですが、ゴムティの長さ分、短く握っています。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <速報>キム・ヘリムが日本... | トップ | 「一生の中で一番嬉しい」韓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL