ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

【前半戦スタッツ振り返り】混戦の平均ストローク数1位を走るのは…

2017-06-28 15:23:20 | 日記

アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。

イ・ボミ、34か月ぶり予選落ち最終ホールで一体何が?

1ラウンド当たりの平均ストローク数【(ストローク数×72÷コース所定パー)÷ラウンド数】のトップは今季2勝を挙げている鈴木愛。アース-でもトータル18アンダーを叩きだすなど、持ち前の爆発力で1位を走っている。

2位には賞金ランク1位のキム・ハヌル、3位には申ジエ(共に韓国)。ちなみに昨年のこの時点でのトップはイ・ボミ(韓国)。69.5897と全選手で唯一60台だった。今年は71.4878の10位。如何に苦しんでいるかが分かる。

【平均ストロークランキング】
1位:鈴木愛 70.7234
2位:キム・ハヌル 70.7442
3位:申ジエ 70.75
4位:テレサ・ルー 70.766
5位:全美貞 71.3111
6位:りつ 71.3478
7位:上田桃子 71.381
8位:イ・ミニョン 71.4222
9位:アン・ソンジュ 71.4872
10位:イ・ボミ 71.4878
11位:ペ・ヒギョン 71.5957
12位:堀琴音 71.6279
13位:川岸史果 71.6957
14位:藤本麻子 71.82
15位:成田美寿々 71.825
16位:武尾咲希 71.8704
17位:森田遥 71.907
18位:菊地絵理香 72
19位:藤田さいき 72.0909
20位:吉田弓美子 72.0968

以上、アルバニュース

 

平均パット数も平均ストローク数も鈴木愛が1位なんですね。

すごい。獲得賞金も1位?それはキムハヌルです。

しかし、僅差なので、平均ストロークが1位を持続できたら、鈴木愛は賞金女王になることでしょう。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【前半戦スタッツ振り返り】... | トップ | 米韓首脳会談、トランプ氏は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL