ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

注目美女セキ・ユウティンを強くする、ヒ・ミ・ツの“決まりごと”・・プリティガール

2017-04-21 09:01:16 | 日記

フジサンケイレディスクラシック 事前情報◇20日◇川奈ホテルゴルフコース富士コース(6,367ヤード・パー72)>

昨年のファイナルQTで16位に入り、今季から日本ツアーに参戦しているセキ・ユウティン(中国)。その愛らしいルックスから早くも日本のファンを増やしているが、そんなユウティンには寝る前に必ずする、ある決めごとがあるという。

早くもアクセス沸騰!セキ・ユウティン写真集絶賛公開中!

それはゴルフの日記をつけること。会社で管理部門を担っていた父親から「しっかりと計画を立ててやった方が良い」と勧められてつけ始めたゴルフノートは、4年で分厚い手帳が4冊にもなった。

「あんまり見せたくないんですが…」と照れ臭そうに開いてくれたノートには、その日のプレー内容に加えて、スイングやプレーで気になったことなどの振り返り。そして翌日のスケジュールが“●時起床”、“●時〇分 朝食”といった具合に分刻みで記載されている。また、月曜日などの休みの日には、先週1週間の振り返りがびっちりと書かれていた。

「つけ始めてからはその前よりもしっかり自分を振り返られるようになりました。加えて、次の日にすることがはっきりしているので、目的を持ってできるようになっています」とユウティン。「日本に来てから書く内容が増えました。例えば先週のような、生えそろっていないラフは、中国のコースにはないのでどうやって打ったら良いかとか書き留めておいたり。あとはコーチが毎週来られるわけじゃないのでコーチから言われたことを読み返したり、次に会ったときに聞けるように課題をまとめておいたりしています」。

 

ノートの甲斐もあり、ここまでの1か月半には「まずまずです」と及第点。「まだまだ違う環境に戸惑うところもありますが、徐々に慣れてきています。今週は中国のコースにはない高麗芝のグリーンです。これも挑戦だと思って頑張っていきたい」。中国から来た19歳は、1日でも早く日本に対応するべく日夜励んでいる。

 

以上、アルバニュース

 

確か、この選手は、上海から日本に来ていますが、子供のころは石川県で過ごしており、日本には慣れていると思います。

 

毎日、日記をつけており、スキルをあげているんでしょうね。

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米政権、空母情報錯綜で釈明... | トップ | 西山ゆかり 慣れ親しんだコ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL