ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

キム・ハヌルがMVPレース独走態勢!鈴木愛が日本勢トップ浮上・・・若手の川岸、岡山、辻に期待

2017-06-13 18:25:03 | 日記

<メルセデスランキング>

国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手には、翌シーズンからの3年シードを付与される。

秘蔵オフショット写真満載!キム・ハヌルの特選フォトはこちら

先週の「サントリーレディス」で今季3勝目を挙げたキム・ハヌル(韓国)が51ポイントを加算。合計ポイントを275.5ポイントと、2位のイ・ミニョン(韓国)に70ポイントもの差をつける独走態勢を築いている。

同大会を6位の好成績で終えた鈴木愛が日本勢トップとなる3位に浮上。また、岡山絵里が新たにトップ10入り。ハヌルに1打差と迫る接戦を演じた堀琴音は14位にジャンプアップしている。

【メルセデスランキング】
1位:キム・ハヌル(275.5pt)
2位:イ・ミニョン(205.5pt)
3位:鈴木愛(190.5pt)
4位:川岸史果(187.5pt)
5位:上田桃子(185.5pt)
6位:テレサ・ルー(184.0pt)
7位:全美貞(180.5pt)
8位:アン・ソンジュ(178.0pt)
9位:藤本麻子(151.5pt)
10位:岡山絵里(150.0pt)
14位:堀琴音(131.0pt)
30位:イ・ボミ(95.5pt)

 

以上、アルバニュース

 

今年は、キムハヌルが強いですね。

2位のイミニヨンも安定感があるし、日本選手とのレベル差を感じます。

 

鈴木愛が頑張っていますが、これからのことを考えると川岸史果、岡山絵里、堀琴音、辻梨香ら若手が優勝してほしいですね。

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.6.13 菊池絵里香のスイ... | トップ | カタール危機で変わるLNG... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL