ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

松山英樹が単独首位で最終日へ 池田勇太1打差、石川遼9位・・・片山もいるよ

2016-10-16 10:08:18 | 日記

◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 3日目(15日)◇狭山ゴルフ・クラブ(埼玉)◇7208yd(パー70)

 

1オーバーの8位から出た松山英樹は6バーディ、1ボギーの「65」をマークし、通算4アンダーとして単独首位に浮上。米ツアー通算2勝の松山は、日本ツアー7勝目、初のナショナルタイトル制覇をかけ、最終日を迎える。

 

ホールアウト後「10番のチップインバーディは大きかった。きのうよりショットは安定していた。自分の出せるものを出したら、良い結果につながると思う」と話した。

 

1打差の通算3アンダー2位に、前年2位に泣いた池田勇太イ・キョンフン(韓国)。通算2アンダーの4位に大会2勝を挙げている片山晋呉が続いた。

 

5位から出た前年覇者の小平智は4バーディ、4ボギーの「70」でプレーして、通算イーブンパーの6位に後退。14位から出た石川遼は3バーディ、4ボギーの「71」でプレーして、通算3オーバー9位に順位を上げた。

 

【主な上位成績】
1/-4/松山英樹
2T/-3/池田勇太イ・キョンフン
4/-2/片山晋呉
5/-1/リュー・ヒョヌ
6/E/小平智
7/+1/矢野東
8/+2/キム・ヒョンソン
9T/+2/石川遼ハン・ジュンゴンウォンジョン・リー比嘉一貴(アマ)、チャン・キム

 

以上、GDOニュース

 

誰が優勝するか?

 

1位松山から6位の小平あたりまでチャンスがあるように思える。

 

東北福祉大出身の松山、池田が一番有力だが、片山も面白い。ドライバーは使わず3Wを使用してラフに入れることを防いでいる。UTが得意であり、セカンドの距離が長くなってもUTでグリーンに乗せて勝負する形でどこまで松山と勝負できるか注目したい。

 

石川遼は3位に入れたら上出来だと思う。頑張ってほしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016富士通レディース2日目... | トップ | 攻めの姿勢で自己ベスト更新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL