ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

地元だけど地元じゃない!?函館決戦に挑む道産子ゴルファーたち【今週のご当地プロ】・・・菊池絵里香ら

2017-07-06 13:29:24 | 日記

ニッポンハムレディスクラシック 事前情報◇6日◇アンビックス函館倶楽部上磯ゴルフコース(6,362ヤード・パー72)>

舞台を今季初となる北海道・函館市に移し、国内女子ツアー「ニッポンハムレディスクラシック」が7日(金)より開幕。1週間のオープンウィークを挟み、北の大地で後半戦の火ぶたが切られる。

今年も振り袖披露!オフショット満載の菊地絵理香フォトギャラリー

同大会は今年で第2回を迎え、女子ツアー唯一の函館開催となる一戦。北海道出身のご当地選手5人(プロ3人・アマ2人)が参戦する。

しかし、道内とは言えその距離感は少々複雑。菊地絵理香が苫小牧市。藤田光里、山戸未夢、アマチュアの政田夢乃が札幌市、同じくアマの小祝さくらが北広島市と、ご当地プロ全員が道央エリア出身。函館までは特急列車で約3時間もかかり、昨年大会では「小学校の修学旅行で来て以来」(菊地)の函館入りだったという。

それでも、北海道を盛り上げるための重要な一戦には違いない。今季は地元優勝者が誕生していない女子ツアー、後半開幕戦でその姿を見られるだろうか。

【北海道のご当地選手】
菊地絵理香
藤田光里
山戸未夢
政田夢乃@
小祝さくら

以上、アルバニュース

 

 

北海道は広いから、地元選手は函館とは3時間以上離れているらしい。

飛行機で3時間なら福岡に到着する。

 

菊池絵里香は来そうな予感がします。

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「やむを得なければ」北朝鮮... | トップ | トランプ米大統領、中国の対... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL