ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

TPP署名国、無発効なら中国中心の協定に焦点移す用意=USTR代表・・・それでもTPPには反対する

2016-11-20 11:40:52 | 日記

[リマ 18日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のフロマン代表は18日、環太平洋経済連携協定(TPP)が発効しない場合、同協定にこれまでに署名した国は中国を中心に交渉が進められている「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」に焦点を移す用意があることを明らかにしたと述べた。

 

フロマン代表はリマで開かれているアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でTPP署名国がこうした見解を明らかにしたとしている。

 

同代表は記者会見で、米国がTPPに後ろ向きな姿勢を示していることで中国が主導権を発揮する意欲を示しているとし、TPP署名国は米国が主導することを望んでいるが、米国抜きでのTPPも検討する用意があることを明らかにしたと述べた。

 

以上、ロイター記事

 

私はTPPは反対であるが、自由貿易には賛成の立場です。

 

TPPのルールが、アメリカ議会>グローバル企業>日本政府という構図に危機感を持っているからです。

これは、経済植民地です。

 

2国間の自由貿易をやればいいと思っています。

 

TPPの場合、グローバル企業が日本政府を訴えることができる点がアウトだと思っています。

日本の法律が改悪され、日本の国柄が壊れます。

 

もし、アメリカ抜きのTPPを考えるなら、日本政府よりグローバル企業が偉いという関係を変えることができれば、いいと思いますが、日本国会>グローバル企業であれば、賛成したいと思います。

でもそういうルールにはならないと思うのでTPP解散に賛成します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松山英樹&石川遼 開幕前週... | トップ | 2016エリエールレディス最終... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL