ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

「世界で最もセクシー」WGC制覇の松山を海外はどう報じたか?・・・外人好み?

2016-11-01 15:33:35 | 日記

「WGC HSBCチャンピオンズ」で米ツアー新シーズン初勝利を挙げ、日本人として初めて世界ゴルフ選手権(WGC)を制した松山英樹を海外のメディアはどう報じたのか。

 

大会は中国・上海で開催され、米国本土でのテレビ放送は真夜中だったが、試合直後からツイッターなどのSNS上では、大きな盛り上がりを見せていたという。米スポーツ専門サイトの「SBネーション」は「松山英樹が厚いフィールドを圧倒」との見出しで勝利を伝えた。その上で「彼はツイッターでカルト的な人気を誇る。ボールを放つ姿(パターは除く…)が、芝の上の世界では最もセクシーに見えるからだ」と、独特の分析でたたえた。

 

リードを広げていった試合運びを「ドラマチックな展開こそなかった」とする一方、「真夜中の放送を見る価値がなかったわけではない。彼のショットメークには驚かされた。キャーキャー叫び声を上げてしまうほどのプレーで魅せてくれるんだから」と記した。

 

米4大ネットワークの「CBSスポーツ」はウェブサイトで「松山が歴史を作った」と報道。「ロリー・マキロイ(15アンダー)とヘンリック・ステンソン(16アンダー)がトップ5に終わった」という書き出しで、最終日を「66」でプレーして通算23アンダーとした松山英樹が2人のスコアを打ち砕いた(destroy)と表現した。「3日目、最終日の松山に弱点はひとつもなかった」と、優勝争いを演じたラッセル・ノックスの言葉とともに紹介した。

 

香港の英字紙「ザ・スタンダード」(電子版)は「松山の視線はメジャーへ」とのタイトルで、笑顔で優勝カップを掲げる松山の写真を掲載し、ロイター通信の記事を引用。アジア人で初めてWGCを制したとし、「次の目標はメジャーで勝つこと。そのためにあらゆる準備をする」という松山の言葉を報じた。

 

以上、ロイター記事

 

>リードを広げていった試合運びを「ドラマチックな展開こそなかった」とする一方、「真夜中の放送を見る価値がなかったわけではない。彼のショットメークには驚かされた。キャーキャー叫び声を上げてしまうほどのプレーで魅せてくれるんだから」と記した。

 

日本では、松山より石川遼の方がTV視聴率がいい。

 

石川遼に比べたら松山英樹は線が太く、たくましい体だから外人から見たら、セクシーに感じたのかも・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パターの握りは3種類 ベテ... | トップ | 豪、南シナ海でインドネシア... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見当違い (すまこ)
2016-11-02 08:15:34
>日本では、松山より石川遼の方がTV視聴率がいい。

いつのことを言っているの!?
昨年から松山くんのほうが視聴率も日本ツアーでの集客数もずっと上回っていますよ。
そろそろ、異常な遼くん持ち上げの日本のマスコミによる報道姿勢に踊らせられることから卒業してくださいね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL