ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

「敵対的犯罪」で拘束=米国人教授を調査―北朝鮮・・・デタラメな共産国家

2017-05-03 20:51:37 | 日記

【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は3日、「国家転覆を図る敵対的な犯罪行為」を働いた米国人男性1人が関係機関に拘束され、調査を受けていると報道した。

 

 北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、トランプ米政権が対話から軍事行動まで「すべての選択肢がある」と表明する中、交渉局面に引き込むための揺さぶりの一環とみられる。

 

 朝鮮中央通信によれば、抑留されたのは平壌科学技術大学に会計学教授として招聘(しょうへい)されていたキム・サンドク氏。4月22日に平壌国際空港で拘束され、法機関が犯罪を具体的に調べているという。

 

 同通信は「これまではもちろん、今回の滞在期間にも敵対的な犯罪行為を働いた」と伝えているが、実際にどのような行為を指しているのかには触れていない。

 

 韓国メディアは4月23日、北朝鮮の平壌を訪問していた韓国系米国人が北朝鮮当局に拘束されたと報じていた。

 北朝鮮当局は昨年、抑留中の米国人学生オットー・ワームビア氏と韓国系米国人キム・ドンチョル氏に労働教化(懲役刑に相当)それぞれ15年、10年の判決を言い渡している。 

 

以上、時事通信社

 

>朝鮮中央通信によれば、抑留されたのは平壌科学技術大学に会計学教授として招聘(しょうへい)されていたキム・サンドク氏。4月22日に平壌国際空港で拘束され、法機関が犯罪を具体的に調べているという。

 

拘束されたアメリカ人って、キムという韓国系の人らしいです。

一応、アメリカ人ということですが、北朝鮮の大学に招聘されていた教授ということは、籍はアメリカかも知れないが、中身は朝鮮人?

 

北朝鮮も中国も共産国って同じ動きをするんですね。

民主主義国家じゃないのでデタラメです。

 

そういえば、日本共産党の志位代表が、改憲の件で安倍首相を非難していましたが、テロの巣窟朝鮮総連と深い関係の日本共産党は、公安からマークされている国家転覆を狙っている団体です。

ネット情報を掴んでいる若者は騙されないと思いますよ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民、歓迎と戸惑い=野党「... | トップ | 「将来的にはグランドスラム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL