ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

吉田弓美子が2シーズンぶり6勝目 3位タイに松森姉妹・・香妻琴乃は10位タイ

2017-04-23 16:45:28 | 日記

◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック最終日(23日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6367yd(パー72)

 

首位タイからスタートした吉田弓美子が5バーディ、2ボギーの「69」とし、通算12アンダーで逃げ切り優勝を飾った。体調不良から昨季の後半戦を離脱するなど不遇のときを乗り越え、2015年5月「中京テレビ・ブリヂストンレディス」以来となるツアー通算6勝目を手にした。

 

前週から背中痛が続く吉田は出だしの2ホールを連続ボギーとしたが、後半11番までに3バーディを重ねて単独首位へ。12番(パー5)ではグリーン奥からのアプローチを直接カップにねじ込むチップインバーディで2打のリードを築き、サンデーバックナインの主導権を握った。3打差で迎えた最終18番で50センチのパーパットを沈め、右手を高々と天に突き上げた。

 

通算9アンダーの単独2位に、この日のベストスコア「66」で28位から浮上した佐伯三貴。通算8アンダーの3位タイに松森彩夏松森杏佳の姉妹、首位から「73」と落とした藤本麻子鈴木愛申ジエ(韓国)の5人が続いた。

 

1打差の2位から出た堀琴音は「74」と落とし、通算6アンダーの10位タイ。前年大会4位のイ・ボミ(韓国)は「71」と1つ伸ばすにとどまり、通算4アンダーの24位で終えた。

 

【主な選手の成績】
順位/スコア/選手名
優勝/-12/吉田弓美子
2/-9/佐伯三貴
3T/-8/藤本麻子松森彩夏松森杏佳鈴木愛申ジエ
8T/-7/アン・ソンジュ酒井美紀

10T/-6/香妻琴乃、堀琴音 ほか

18T/-5/諸見里しのぶ ほか
24T/-4/イ・ボミ ほか

 

以上、GDOニュース

 

吉田弓美子17Hのパーパットは凄かったですね。

あのミラクルパットが決まった時点で優勝決定という感じでした。

 

今回、日本人選手の優勝で良かったです。

 

それから香妻琴乃は10位タイになり、130万円の賞金をもらいました。

シード入りに向けてはいい傾向です。今日67だったので自信をつけたと思います。

 

次は初優勝を目指してほしいですね。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017フジサンケイレディスク... | トップ | 「ボギー打つヒマなかった」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL