ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

豪、南シナ海でインドネシアと合同パトロールを検討=豪外相・・・中国は慎重な言動を求めた

2016-11-01 15:43:28 | 日記

[シドニー 1日 ロイター] - オーストラリアのビショップ外相は1日、南シナ海でインドネシアと合同の海上パトロール実施を検討していると明らかにした。

 

合同パトロールは先週バリで開催された2国間協議で、インドネシアが提案した。同外相は「航行の自由の権利を行使する政策と一致」し、「国際法や同地域における平和と安定の支援と合致」していると、オーストラリア放送協会(ABC)ラジオで述べた。

 

米国の同盟国であるオーストラリアは、領有権が争われている南シナ海の島々の上空で偵察活動を行ったり、同海域で米軍が展開する「航行の自由」作戦を支持したりしたことで中国から批判を招いた。

南シナ海のほぼすべての領有権を主張する中国は先月、オーストラリアに「慎重な言動」を求めた。

 

オーストラリアとインドネシアはすでに、密輸や違法漁業取り締まりにおける連携の一環として、ティモール海で合同の海上パトロールを実施している。

 

 

以上、ロイター記事

 

インドネシアは結構、強気でいいですね。

 

その他の東南アジアの国々も見習ってほしいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「世界で最もセクシー」WGC制... | トップ | WGC初制覇は意外な1Wから ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (たにむらこうせつ)
2016-11-01 18:52:47
中国の暴走を早く止めないといけません。
もう共産国の時代は終わっています。
日本も何か手を打つべきだと想うんだけどなぁ・・・。
みんなのブログからきました。
詩を書いています。
たにむら様へ (さつき)
2016-11-01 23:01:36
コメントありがとうございます。
中国を表切って止めることは不可能だと思われます。
中国の中から崩壊するための工作はできるかと思います。
中国共産党の反対勢力を裏で支援することが一番効率がよさそうですね。ODAの金を回してやったらいいんじゃないでしょうか?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事