ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

2017.6.13 菊池絵里香のスイング分析と今日の練習結果報告

2017-06-13 16:53:58 | 日記

 本人は、右ひざを伸ばさないことを注意している。

 

私がみた特徴は、アドレス時の頭の高さとトップ時点の頭の高さが違うところである。

私とは反対で、頭がトップで下がっている。

 

見方を変えると左ひざを下げると頭も下がるのかな?伸びあがり防止のチェックポイントになりそうですね。

 

 

 

ちょうど、左ひざの曲がって落ちているのと頭の落ちが比例している。

今日練習するが、左ひざを右膝より低くしてトップを作ることに注意したい。

 

 

また、後方からのスイングを見て気づいたことは、両肘を引き寄せて右肘が真下を向いている。

 

 

右膝曲げて固定させ、パワーを充填させているように感じる。

 

 

さっそく、練習場に行き、今日は菊池絵里香をイメージして練習しました。

 

右膝を曲げて支点にすることに注意していたら、これって水車打法だということに気づきました。

 

<今日の練習した結論

右ひざを支点に頭から左腰までを柱イメージして水車のように振ったらうまくいきました。

 

また、遠心力を利用することが重要だと思います。

そのためには、胴体を動かすことで肘から先の腕は枝のように振れます。

 

具体的には、左腰リードで遠心力を起こす

 

 

 

 

 

 

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017ニチレイレディス 開催... | トップ | キム・ハヌルがMVPレース独走... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL