ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

目指せ1億円 菊地絵理香が大逆転なら…・・・4H終えてテレサルーに3打差

2016-11-20 10:41:03 | 日記

大王製紙エリエールレディスオープン エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)3日目

 

 菊地絵理香、最高のシナリオはやはり大逆転V。しかし、「無理でしょうね」と笑いながら、即答している。そうはいっても、調子が上向いてきたことは確かだ。今大会前、風邪で発熱をおしての出場。「練習をセーブしているので、ラウンド中は大丈夫です。朝と晩の頭痛がちょっと、という感じですかねぇ」と話した。頑張っている選手には、いいこともある。

 

 悩み続けたパッティングの調子がグンと上向いてきた。「10月から替えたパターにようやく慣れた感じがする。手応えは感じていたけど、うまくかみ合わない。それが前週からうまく行くようになった。今週は思い通りのストロークができているし、ラインの読みもいい。だから、バーディーを量産できるのだと思います」。

 

 どうしたらいいか。答えをみつけるために、菊地は練習グリーンで他の選手のパターを試し打ちさせてもらった。これだと感じたのは、日本女子オープン選手権競技の練習で、宮里美香のパターを拝借した際の感触。「私のパターより、3インチ長くて、しかも重量がある。今までは短くて軽いもので手の感覚だけでストロークしていた。それを背中まで使わなければ…うまく使えないものに…。前かがみのフォームにしました」と明かす。大きな転機だが、「それまでが全く入らなかったから、違和感がなかった」とも。

 

 思い切りの良さが、パット・イズ・マネーとなったのだろう。いつも、菊地は具体的な目標を口にする。今季は1億円獲得だった。「達成できなかった時は、何が足りなかったかを考える機会を与えてくれる。目標は大事です」。もっかの賞金額は6,591万1,509円だが、計算上では2連勝を飾れば大きなハードルをクリアできる。

 

 加えて、今大会、優勝を飾ると、生涯獲得賞金が3億円を突破するのだ。「うーん、すごいとは思うけど、目の前に現金があるわけではないし、ちょっと想像がつかない」。10年前、サラリーマンの生涯賃金は3億5,000万円といわれたが、現在では2億5,000万円になったそうだ。地力勝負で夢が広がる。素晴らしき女子ゴルフ界である。

 

以上、GDOニュース

 

最終日4H終えたところでトップテレサルーと3打差まで追い上げている。

 

優勝の可能性は十分にある。

 

また、比嘉真美子も同スコアであり、最後まで優勝争いを行ってほしいと願っています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016エリエールレディス3日... | トップ | 松山英樹&石川遼 開幕前週... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL