ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

海外試合の出場しやすく 女子ゴルフ、東京五輪見据え規定変更・・・国内ツアーのレベルアップも

2016-12-20 21:38:56 | 日記

日本女子プロゴルフ協会は20日、来季からツアー規定を変更し、選手が海外の試合に出場しやすくすると発表した。小林浩美会長は「2013年から行っているツアー強化の一環であり、2020年の東京五輪に向けて、海外経験を積んでほしい」と話した。

 

これまでは、海外メジャーの前後に行われる海外競技に出場する場合、国内ツアーの「優勝者の翌年度出場義務」や「賞金シード選手の前年度欠場競技の出場義務」を満たさなければ、罰金100万円を科せられていた。また、国内ツアーと日程が重複する試合への出場は1年間1トーナメントまでという制限もあった。

 

来季からは海外主要トーナメント(海外メジャー、協会が承認したその他の競技)に出場する場合、義務や制限なく、その前週または翌週の海外競技への出場が認められる。

 

今季は、渡邉彩香が「ULインターナショナルクラウン」に出場。「賞金シード選手の前年度欠場競技の出場義務」を果たせず、罰金100万円を支払った。(編集部・今岡涼太)

 

以上、GDOニュース

 

4年後の東京五輪を見据えて、海外試合への派遣はもとより、国内トーナメントでのコース設定もアメリカツアーのレベルに合わせることをやるべきです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5冠イ・ボミ「きれいな肌の... | トップ | 国内女子ツアー、5年連続で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL