ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

25歳・沖せいらが優勝 新垣比菜は逆転負け/女子ゴルフ新人戦

2017-12-09 16:30:10 | 日記

◇国内女子◇LPGA新人戦加賀電子カップ 最終日(8日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉)◇6526yd(パー72)

今年のプロテスト合格者22人による2日間競技は、4位で出た25歳の沖せいらが6バーディ、ボギーなしの「66」で回り、通算8アンダーで逆転してプロ初優勝を遂げた。

 

5打差を追う展開に「3位以内を目指そうと思っていた」が、前半を終えてボードを確認するとトップと1打差。「後半伸ばせばチャンスがある」と10番で4mを決め、17番で3mをねじ込んでタイトルを決めた。

 

東北福祉大卒業後の2015年、初めてプロテストを受けたが失敗。予選会を通過してレギュラーツアーにフル参戦した翌16年は賞金ランク99位だった。「16年はツアーに集中したくてプロテストは受けなかった」。勝みなみら“黄金世代”とともに臨んだ今年のプロテスト。「周りから今年はやめればと反対されたけど、この世代だから受けようと思った」と、結果を出した。

 

10代が中心の同期に年の差は感じる。「疲れないのかなって思うくらいテンションが高い」と苦笑い。一方で「仲が良くて、せいらさんって慕ってくれるので」とほおを緩めた。今年の最終予選会は29位で来季前半戦の出場権を確保した。「年長選手として負けたくなかった。まずは賞金シードを獲れるようにする」と力を込めた。

 

プロテストトップ合格の松田鈴英が2打差の2位に続き、4打差首位で出た新垣比菜は「74」と崩れて通算5アンダーの3位に終わった。下部ステップアップツアー2勝の吉本ひかるは通算4アンダーの4位、勝みなみは通算1アンダーの8位だった。

 

<最終成績>
優勝/-8/沖せいら
2/-6/松田鈴英
3/-5/新垣比菜
4/-4/吉本ひかる
5/-3/立浦葉由乃
6T/-2/小祝さくら金澤志奈
8T/-1/勝みなみ吉川桃
10T/0/植竹希望井上り川崎志穂

 

以上、GDOニュース

 

 

66でラウンドした沖せいら選手は凄いですね。

 

上位の選手はレギュラーツアーでも活躍することでしょう。

 

来シーズン注目したいと思います。

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キム・ハヌル&鈴木愛ペアが... | トップ | 「サイバー防衛局」見送りへ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事