ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

GDO編集部が選ぶ 2016年ゴルフ10大ニュース(女子編)・・・畑岡奈紗、野村敏京が東京五輪に期待できる?

2016-12-24 19:16:33 | 日記

2016年にGDOが配信したすべての記事から、編集部が今年の女子ツアー10大ニュースを選出。日本のゴルフ界を彩ったホットな話題を振り返ります。

 

■ 1位 17歳アマ・畑岡奈紗が「日本女子OP」制覇最年少ツアープロ誕生

ツアー最高峰のタイトルを争う舞台で、17歳の新星が歴史を塗り替えました。ルネサンス高3年の畑岡奈紗が「日本女子オープン」で優勝し、アマチュアとして初めてメジャーを制する快挙。17歳263日でのメジャー優勝、17歳271日でのツアープロ転向は、いずれも女子ツアーの年少記録を更新しました。

その後の歩みも順調そのものです。12月には米国女子ツアーの最終予選会を14位タイで通過し、上位20人に与えられる出場権を手に。来年は、憧れの人・宮里藍が待つ米国ツアーを主戦場にします。

 

■ 2位 イ・ボミが2年連続賞金女王

昨季に初めて賞金女王となったイ・ボミ(韓国)が、今季も他を圧倒する強さを見せつけました。シーズン5勝を挙げ、後続に約2900万円の大差をつけて2年連続の賞金タイトルを獲得。多くの主要スタッツでも1位に名前を載せ、総合力の高さを示しました。

笑顔の裏で重圧から“崩壊”も イ・ボミがつかんだ2年連続女王の座

イ・ボミ、最優秀選手も受賞 最少ストローク記録を更新

オフは今年も多忙?イ・ボミ「もうすぐ合宿が来ちゃいます~

 

■ 3位 野村敏京が大ブレーク!年間2勝の大躍進

2011年の米国ツアー初挑戦から6年。一度は撤退しながらも、14年に再び海を渡った24歳がついにブレークしました。2月「ISPSハンダオーストラリア女子オープン」で初優勝を飾ると、4月には早々と2勝目を達成。最終賞金ランクは11位、世界ランクも21位にジャンプアップする飛躍の年となりました。

野村敏京が米ツアー初優勝!世界1位コーを振り切る

野村敏京が豪語「私はリディア・コーより上」

 

■ 4位 68罰打&池でボール大捜索同日に珍事相次ぐ

11月「伊藤園レディス」2日目に前代未聞の珍事が相次ぎました。松森彩香がグリーン上でキャディに投げて渡そうとしたボールが池に落ち、キャディは冷たい池に浸かって大捜索。上原彩子には68罰打が科され、前日の初日スコアにツアー史上ワーストストロークとなる「141」が刻まれました。このペナルティは、初日のコースコンディション不良に伴う救済ルールの処置を誤っていた上原が、自ら申告して科されたものでした。

史上ワーストの「141」 上原彩子に前代未聞の68罰打

投げ渡そうとしたボールが池へ!松森彩夏、見つからず2罰打

 

■ 5位元賞金女王が号泣 森田理香子、シード喪失で来季下部ツアーへ

23歳だった2013年に4勝を挙げ、初の賞金タイトルを獲得してから3年。森田理香子は賞金ランク69位でシーズンを終え、来季シード権を喪失しました。出場優先順位を決める最終予選会(ファイナルQT)でも下位に沈み、来季は下部ツアーでプレーすることに。大粒の涙を流しながらも、「必ず一番に戻れると思っている」と再起を誓いました。

26歳、終わりたくない」森田理香子が賞金女王5人目のシード落ち

「元賞金女王」の森田理香子 シード圏外からの真っ直ぐな

 

■ 6位韓国女子ゴルフ界のパイオニア 朴セリが引退

海外メジャー5勝、米国ツアー25勝。韓国女子ゴルフ界の草分け的存在だった朴セリが3月、今季限りでの引退を表明しました。10月に母国で開催された「LPGA KEB・ハナバンク選手権」(途中棄権)を最後に、38歳でツアーから去ったレジェンド。縁が深い選手たちから、引退を惜しむ多くの声が聞かれました。

朴セリが今季限りでの引退表明

野村敏京「わたしも朴セリキッズ」 後輩勢ぞろいで引退式

 

■ 7位 鈴木愛が日本女子プロ2勝目海外勢のメジャー連勝「7」で止める

9月のメジャー第2戦「日本女子プロ選手権」で、22歳の鈴木愛が2014年に続く大会2勝目を達成しました。日本勢のメジャー制覇は、その大会以来2年ぶり。海外勢のメジャー連勝を「7」で止めました。

日本勢連敗をストップ!鈴木愛の“負けず嫌い”

有言実行の海外勢阻止!練習の虫、鈴木愛の成長と自信

■ 8位熊本地震の余波 女子ツアー1試合が中止

4月14日(木)の午後9時26分。翌日に「KKT杯バンテリンレディス」開幕を控えていた熊本県を震度7の地震が襲いました。翌15日午前、大会の中止が決定。眠れぬ夜を過ごした選手たちは、憔悴した表情で地震の恐ろしさと不安を口ぐちに訴えました。熊本出身の選手や日本女子プロゴルフ協会は、試合会場での募金活動などで被災地を支援。米国を主戦場とする松山英樹は、被災地を応援する缶バッヂを製作し、ロリー・マキロイリッキー・ファウラーらが身に着けてプレーしました。

KKT杯バンテリンレディス」の開催中止を発表

家屋倒壊の道を2時間被災した郷土へ有村智恵のメッセージ

マキロイもファウラーも 松山発案で熊本地震の被災地応援

 

■ 9位 116年ぶり復帰の「リオ五輪」 野村敏京が健闘の4位

8月「リオデジャネイロ五輪」で116年ぶりに競技復帰した女子ゴルフ。日本からは野村敏京大山志保が出場し、最終日を「65」とした野村が4位と健闘しました。大山は42位。金メダルは韓国の朴仁妃が手にしました。

116年ぶり金メダルは朴仁妃 野村敏京、巻き返しの健闘4位

「全部狙った」最終日爆発の野村敏京、メダルには1打届かず

「本当に申し訳ない」42位の大山志保、日本代表としての意識

 

■ 10位新女王に3冠のA.ジュタヌガン L.コーは無冠

メジャー1勝を含む年間5勝を挙げたツアー2年目のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)が、賞金、ポイント、最優秀選手の3冠を達成。昨季は同じく3冠に輝いたリディア・コー(ニュージーランド)を無冠に抑え込み、21歳が新女王の称号を手にしました。

アリヤ・ジュタヌガンが3冠を達成

ウッドは3W1本だけ ジュタヌガンの男前セッティング

 

以上、GDOニュース

 

やはり、トップのアマの畑岡が優勝した日本オープン、すごいですね。

 

それから4位の伊藤園レディスで、松森彩夏がキャディに投げたボールが池に入ったことは知りませんでした。鈴木愛が外国勢を抑えた日本プロですね。リオ五輪で4位に入った野村敏京も話題としては少なかったけど、すごいと思います。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍拡競争起こればいい、米国... | トップ | ウッズの個人資産は865億円!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL