ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

ホステスプロ堀奈津佳は「自分の理想のプレーができるように」

2017-07-13 09:17:24 | 日記

サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 事前情報◇12日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,667ヤード・パー72)>

14日(金)から茨城県のイーグルポイントゴルフクラブで「サマンサタバサレディース」が行われるが、ホステスプロとして出場する堀奈津佳は背水の陣で臨む構えだ。

特別ステージは大盛り上がり!昨年の水着オーディションをスペシャルフォトでチェック

2013年にはツアー2勝を挙げて賞金ランク10位。将来を嘱望されたが、2014年は同44位と低迷。2015年は同98位でシード圏外となり、2016年も同164位に終わった。

今年は下部(ステップ・アップ)ツアーにも出場できず、レギュラーツアー5試合はすべて予選落ち。だからこそスポンサーの応援に報いたいと語る。

「ホステスプロとして参加している以上、すごく頑張りたいです。何とか普段意識していることをやり抜いて、結果うんぬんよりも自分の理想のプレーができるようにしたいです。そうすることで、おのずと結果につながるんだと思います」

受け答えに悲壮感はないものの、練習シーンからは必死の思いが伝わってくる。この日行っていたのは、逆手にグリップを握ってボールを打つ練習。通常と違い左手が右手よりも下に位置した状態でスイングすることにより、理想的な上体の動きを確認できるという。フルショット、ハーフスイング……。決して試合前の「調整」レベルではない。

「インパクトの再現性を確認しています。スイングの動きが正しいイメージと違うときに、それを確認するために行っています。今はとにかく精度を高めたい。本番で一番気をつけたいのがリズム。リズムを常に意識することで再現性も高まると思います」

正確なショットによるスコアメイクが持ち味だった堀にとって、「原点に戻る」のが復活への近道ともいえる。ギリギリまで信念を貫いて調整を続ける堀に、ホステスプロとして臨む今大会で「きっかけ」は訪れるのか?

 

以上、アルバニュース

 

 

なぜ、堀奈津佳は失速したんでしょうね。

 

江連忠から指導を受けてプロになった堀ですが、1回だけ勝利した後、どーんと失速してしまいました。

妹の方は、順調に上位でプレイしていますが、姉の奈津佳はどうしたのでしょう。

一般的に、女子ゴルフでは、男ができた場合、怪我が原因などで失速します。

 

私は堀奈津佳が独立して自分の考えでゴルフできるスタイルになると強くなると思います。

佐伯三貴も江連プロのもと、やっていた時代もありますが、離れてから活躍しました。

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 躍進中の武尾咲希、要因は愛... | トップ | PAC3訓練、米軍基地で初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事