ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

同世代の比嘉との最終組対決! 辻梨恵が2打差の3位から逆転を狙う・・キムハヌルに挑む?

2017-08-13 09:56:15 | 日記

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)2日目

 

 首位と3打差の5アンダー2位からスタートした辻梨恵。本人はゴルフの調子に関して良い感じではないと言いながらも、5バーディー、1ボギーの4アンダー68でラウンド。通算9アンダーとして首位と2打差の3位につけた。

 

 2日間でボギーがわずか1つという安定感の高いプレーを見せている辻。「2メートル以内のパットはほとんど入っています。2日間でボギーがたった一つというのは、ピン位置が難しいことも考えれば、よくできているほうだと思います」。

 

 後半戦に入りドライバーを新しいモデルにチェンジし、シャフトも変更。ティショットの安定感が増したことも今日のスコアにつながった。

 

 明日の大会最終日は同学年の比嘉真美子と最終組で優勝争いをすることになる。「すごく楽しみです。(比嘉)真美ちゃんは気持ちが強いと思うので、ひるまずにいきたいです」。

 

 淡々とプレーする姿が印象的な辻だが、明日は強い気持ちで逆転優勝を狙う。

 

以上、日本女子プロゴルフ協会

 

 

今日最終日は、辻梨恵、比嘉真美子、キムハヌルの戦いであり、辻と比嘉がキムハヌルに挑む戦いという構図で考えるべきです。

 

比嘉、辻がキムハヌルを破って優勝してほしいと願っています。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松山英樹1打差2位で最終日へ... | トップ | 【安倍首相お国入り】「古里... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL