ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

“左ひざ”を伸ばして飛ばす比嘉真美子の爆発力【優勝者スイング】

2017-08-16 08:50:48 | 日記

「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」にて、キム・ハヌルとのプレーオフを制し、4季ぶりとなるツアー通算3勝目を挙げた比嘉真美子。復活優勝を引き寄せた新生・比嘉真美子のパワフルなスイングを解説していこう。

 

 

ゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎氏によると、「左足がピンと伸びているインパクトが特徴的なスイングです。ダウンスイング時に左足で地面を踏むことで、その反動を得ることができると、このように左ひざが伸びたインパクトになります」と語る。

 

 

「テークバック」は上半身メインで回転!

 

テークバックでは、体全身でクラブを上げているため、手首のコックは少なめです。特に上半身の胸郭(肋骨部分)の動きが優れていて、上半身の回転メインで、バックスイングを行っています。

 

「ダウンスイング」では、コックを長くキープ!

 

ダウンスイングでは、コックを長くキープして、深い“タメ”を作っています。切り返しからボールを早く打ちに行ってしまう“手打ち”の人には、参考にしてほしい部分です。

 

マキロイのような “左ひざ”が伸びた「インパクト」

 

比嘉選手の最も特徴的なシーンは、インパクトです。左足がピンと伸び、真上に力が加えられているのが分かります。ダウンスイング時に、左ひざがアドレスに比べて曲がっているのは、地面を下へ押している証拠です。

 

地面から返ってくる縦方向の反動を使う代表的な選手は、欧米ツアーで活躍するロリー・マキロイ(北アイルランド)です。彼のように、地面からの反動をうまく使うことで、腕とクラブが自然とリリースしています。これによって腕が自然と伸び、クラブを放り投げるような、力強いインパクトからフォローになっているのです。

撮影/2017年「ヤマハレディースオープン葛城」練習日

 

以上、吉田洋一郎氏解説

 

 

昔から、なぜ比嘉真美子は飛ばすのか?と思い、私なりに観察して気づいていたことは、マキュロイのように両膝を伸ばしてヘッドスピードをアップさせていることです。

 

中々、真似ようとしてもうまくできなかったのですが、バックスイングで右腰を引いて前傾をしっかり確保している点がポイントじゃないかと最近、思っており、今日練習場に行くのでバックスイングで前傾で‘く‘の字をつくり、バネを曲げたイメージでインパクトに向けてバネを伸ばす力を利用したいと思っています。

曲げて、伸ばすスイングですね。

 

これからの比嘉真美子には、たくさん期待したいと思います。東京五輪に出場することを祈念してます。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【終戦の日】靖国神社ルポ ... | トップ | 2017.8.16  比嘉真美子流ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL