ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

比嘉真美子がプレーオフ制し4年ぶりV!「支えてくれた母と姉に感謝したい」・・キムハヌルに勝った!

2017-08-13 17:57:19 | 日記

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇13日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,655ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の最終日。トータル12アンダーで首位に並んだキム・ハヌル(韓国)と比嘉真美子の決着はプレーオフへと持ち込まれた。

美女プロによる熱戦を余すところなく!LIVEフォトでお届け

プレーオフは18番の繰り返し。勝負はその1ホール目であっさりと終焉を迎えた。ともにフェアウェイからのセカンドショット。カップから8mに置いたハヌルに対し、比嘉は20cmにつけるスーパーショットを披露。ハヌルがバーディパットを決めきれず勝負あり。ウィニングパットを決めた比嘉は、涙ぐみながら4年ぶりとなるツアー3勝目を噛みしめた。

優勝会見では、「2勝してから長い間遠ざかって、ゴルフをやめようと思う時期もあった。今ままで支えてくれた母と姉に感謝したい。1、2勝目より今回の3勝目が何倍も嬉しいです」と、喜びを語った。

首位から1打差の3位タイに大山志保辻梨恵、3打差5位タイに昨年覇者のりつ永井花奈が入った。イ・ボミ(韓国)はこの日“66”と追い上げを見せ、トータル8アンダー7位タイで3日間を終えている。

 

優勝:比嘉真美子(-12)※プレーオフ
2位:キム・ハヌル(-12)
3位T:大山志保(-11)
3位T:辻梨恵(-11)
5位T:りつ(-9)
5位T:永井花奈(-9)
7位T:イ・ボミ(-8)
7位T:小祝さくら(-8)他

 

以上、アルバニュース

 

比嘉真美子、4年ぶりの3勝目、おめでとう!

久々にTV観戦でドキドキしました。

 

韓国の選手に勝てる選手が復活したのでこれからも楽しみです。

 

それから、辻梨恵も惜しかったですね。三觜コーチもうれしいことでしょう。

今シーズン、初優勝することを祈念しています。

 

私が応援している香妻琴乃も後半スコアを伸ばして-5でした。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017NEC軽井沢72ゴルフ最... | トップ | 松山英樹は悔し涙の5位 トー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL