ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

松山英樹1打差2位で最終日へ 小平智18位に浮上

2017-08-13 09:45:09 | 日記

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 3日目(12日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7600yd(パー71)

 

首位で出た松山英樹は1バーディ、3ボギーの「73」で回って、通算6アンダーの2位に後退した。日本人初のメジャー制覇をかけて、1打差を追う。

 

「プレッシャーは少なからずある。でも自分のベストのコンディションでいければ(プレッシャーを)感じなくなると思う。しっかり休んで、スタートまでにバッチリになっていたら良いと思う」と話した。

 

米2勝の33歳ケビン・キスナーが通算7アンダーで、初日からのトップを守った。クリス・ストラウドが松山と並んでいる。

 

ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、ジャスティン・トーマスが通算5アンダーの4位で続いた。

小平智はこの日のベストタイ「67」を出して、通算1オーバーの18位に浮上した。谷原秀人は通算7オーバーの64位になった。

 

<主な上位成績>
1/-7/ケビン・キスナー
2T/-6/松山英樹クリス・ストラウド
4T/-5/ルイ・ウーストハイゼンジャスティン・トーマス

 

以上、GDOニュース

 

 

3日目のゴルフは、TV観戦しましたが、ショットがぶれており、よく凌いだゴルフだったと思います。

 

明日、最終日休養して集中力がアップすれば、優勝の可能性大だと思います。

 

それから、小平の当日-4は素晴らしいと思います。明日もベストを尽くしてほしいですね。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米領グアム、核攻撃受けた場... | トップ | 同世代の比嘉との最終組対決... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL