ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

【速報】松山英樹+1、石川遼+5、A.スコットは+6で初日終える・・やっぱりスリクソンZR-30がいい?

2016-10-13 16:42:42 | 日記

◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 初日(13日)◇狭山ゴルフ・クラブ(埼玉)◇7208yd(パー70)

 

大ギャラリーを引き連れて18ホールを完走した第26組。松山英樹は2バーディ、3ボギーの「71」でプレーして、1オーバーでホールアウトした。

 

1バーディ、1ボギーで折り返し、11番でこの日2つ目のボギーを喫して後退した。距離の短い341ydの13番で、ティショットをグリーン左サイドのバンカーに入れたが、1mに寄せるナイスリカバリーでバーディを奪取。15番では難しいラフからのアプローチを2mに寄せ、これを沈めてパーで切り抜けた。

 

続く16番(パー3)では、ティショットをグリーン左のバンカーに入れた。バンカーショットはピンを大きくオーバー。約4mのパーパットを決められずボギーとした。

 

前半を3ボギーで折り返した石川遼は、後半もアプローチがかみ合わず11番をボギー。18番ではティショットを左に曲げ、第3打をピン手前2.5mに寄せたが、2パットのボギーを喫して、5オーバーでホールアウトした。

同じく前半を3ボギーとしたアダム・スコット(オーストラリア)も、後半の10番、11番でも連続ボギーを喫し、6ボギーの「76」。6オーバーでホールアウトした。

 

ホールアウトした選手では、リュー・ヒョヌ(韓国)が4バーディ、ボギーなしの「66」でプレーして、4アンダー単独首位。前年覇者の小平智、賞金ランクトップの谷原秀人は1アンダーとしている。

 

以上、GDOニュース

 

松山は無難に+1で初日を終えた明日以降十分に挽回が期待できる。

前に使用していたドライバー「スリクソンZR-30」が、やっぱりいいようだ。

 

石川遼+5、スコット+6は大きく出遅れてしまった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジブチの自衛隊拠点、来年度... | トップ | 2016富士通レディス大会前日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL