ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

2017.7.12 コンパクトスイング練習・・・スリークォータースイングへの改造

2017-07-12 15:26:23 | 日記

昨日、キャンディボールを挟んで素振りしたことを練習場で再現しました。

 

バックスイングは、右肩まで行い、両肘で右肩をボールの代わりに挟むイメージを持ったところ、スリークォーターのトップが作れた。

 

スリークォータースイングすると、アイアンショットのバラツキが少なくなり、ダふり、トップも少なくなった。

 

思っていたより、距離の減少もあまりなかったので、このスリークォータースイングを固めていきたいです。

 

今日のまとめ>

左ひざから右肩を結ぶラインをイメージして・・・キャンディボールを右肩まで動かすライン・・

トップで両肘で右肩を挟むイメージ・・・キャンディボールの代わりに右肩をイメージ・・

ダウンスイングでは、 左腰から引き込むように動かす

 

もう65歳であり、力は衰えるため、ショットの精度アップに力を入れることにしたことは正解ですね。

 

これまで、如何に飛ばそうかという課題に取り組み、オーバースイングしてスイングを壊し、ダふり、トップが多くなる傾向にあったが、今日はスリークォータースイングの練習をして希望の光が見えました。

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.7.11 明日の練習のテー... | トップ | 史果と良兼が初の親子タッグ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL