オッギーノのMyBase

ご訪問有難うございます。
趣味の釣り・キャンピングカー・家庭菜園等思いつくままに!

歳を重ねると!

2016-12-20 12:12:12 | キャンピングカー
我家のアレン号。
早いもんで7年目に突入。



先日の「ホイールナット事件」以外いたって快調なんですが、
最近洗車しても汚れ落ちが悪くなってきました。

特にFRPのシェル部分が黄ばんで来ています。



艶も無くなり、手で触ってみると



白い粉がふいています。
何んでだろうと調べてみると、
 FRP製品は「繊維樹脂をメス型の中で固めたもの」で、そこで固まったものを
 型から抜いて製品化する。
 抜いた製品の表面は繊維がむき出しになった状態で、見た目も悪く彩色が困難。
 そこでその問題を解決するのがゲルコート。
 メス型の中にあらかじめゲルコートの樹脂をコーティングしておくことで、
 未然に繊維の露出を防ぎフラットな下地ができます。
 そのような状態で生産した状態をゲルコート仕上げと言い、
 FRP製品はすべてゲルコート仕上になっています。
との事。

このゲルコートが紫外線による劣化に弱く
白い粉がふいた状態になるようです。
そう言えば、古いFRP船が劣化して粉拭いてることがありますネ。

傷んでしまわないうちに、何か簡単なメンテ方法が無いかと
探していたら、こんな物が紹介してありました。



3Mマリーンのクリーナー&ワックス。
色あせ、汚れを取り除き、元の表面に蘇らせるとの事。

もともとは、FRPの船用に開発されたもののようですが
キャンピングカーにも皆さん使われているようです。

早速、試してみましょう。
効果の程は如何に?!

ランキング参加中! 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへにほんブログ村
  ↑ ポチッっとお願いします。
『佐賀県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出たぁ~! | トップ | 湯巡り雑記帳(佐世保) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メグパパです (そうですか!)
2016-12-20 18:39:45
 早、7年目になるんですね。我家は「アレ
ン号」に大変お世話になってます。高速道路
のSAに宿泊する前「アレン号」のテーブル
で乾杯して飲むお酒は最高でした(笑)シメ
のラーメン等はシビレル位、美味かった。ま
た行きたいですね。 FRPのメンテ上手くいく事願ってま~す!!
メグパパさん (オッギーノ)
2016-12-20 19:13:44
ハイ、3回目の車検も無事に終わり
7年目に突入です。
そうですネ、アチコチ行きましたね。
色々ハプニングもありましたが!(笑)
有難うございます、また一緒に行きましょう!
いつも (なかじ〜)
2016-12-20 19:56:23
きれいなアレン号。日頃のメンテナンスの賜物ですね(^_^)
このコメント、娘を迎えに行って、待機中の車内で書いています。
先ほどカラスがフンを落としていきました(泣)
なかじ〜さん (オッギーノ)
2016-12-20 20:42:40
お疲れ様です。
優しい母上様、娘よ感謝しなさい!(笑)
ありゃぁ~!早速洗い流しましょう。
Unknown (3丁目のhiro)
2016-12-21 00:05:45
確かに、陸に上げてある古い船が白い粉を噴いているのを見ますね。
あれは、そういうことだったんですか。
しかし、それを蘇らせる商品がまたちゃんとあるんですね。
ビフォーアフターのレポート待ってま〜す(笑)!!
3丁目のhiroさん (オッギーノ)
2016-12-21 07:53:43
そうらしいです。
早速使ってみましたが、それなりにって感じ!(笑)
これ以上劣化が進まなければ、良しとしましょう。
早いな~ (おやまのtanchan)
2016-12-25 22:15:58
もう7年。早いですね。
社宅の前に姿を現したアレン号を二階の部会室から眺めたのが、昨日のことのようです。
tanchanさん (オッギーノ)
2016-12-26 05:50:34
そうでしたね!
退職直前でした、早いもんです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。