高校野球百科事典

ブログを紹介します。

試合成立2

2007-06-23 20:18:32 | 高校野球
6月19日のブログで試合成立の話を書きましたが、その続きです。
雨のノーゲームと言うと、2003年(平15年)夏の甲子園の
駒大苫小牧VS倉敷工の試合が記憶に新しいですが、
決勝の場合は7回ではなく、9回を終了しなければノーゲームになって
しまうルールがあります。実際に夏の予選でも9回裏1死途中で雨のために
ノーゲームになった試合がありました。

◆1989年(平成元年)大分県大会決勝
大分雄城台 000 000 040 =4(9回裏1死3塁降雨ノーゲーム)
鶴崎工__ 000 010 002 =3

大分雄城台が3点リードで迎えた9回、鶴崎工は2点を返しなおも
1死3塁のチャンスの場面で雨のため中断。そのまま1時間経っても
再開はできずに試合はノーゲームになりました。
9回まで進行してノーゲームというのも殺生な話とは思いますが、
1点負けているチームが同点のチャンスの時点で終了ということで、
状況としてはそれほど偏りのある終わり方ではありませんでした。

両監督の感想は
大分雄城台は「ホッとした」
鶴崎工は「続けたかった」
投手の球威やこれから打席に入る選手などいろいろと条件は違いますが、
こういう展開では追う立場の方が監督からすれば多少有利なのかも
しれません。

なお仕切りなおしの再戦では

鶴崎工__ 010 030 020 =6
大分雄城台 002 000 000 =2

鶴崎工が逆転勝利で甲子園出場を決めました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関東・東京 出場校予想 | トップ | 北信越・東海 出場校予想 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スコアブック (鶴工幸司)
2010-10-24 16:54:38
私はベンチでスコアを付けていましたが、今でもあの緊張感は忘れません。監督は続けたかったとコメントしていますが、今だから言えますがノーゲームになってよっかたと思っています。
Unknown (池田くん)
2011-06-18 22:38:19
こんばんは。9回1点ビハインドで1死3塁
のチャンス。微妙なところですね。打順にも
よりますが、走者1人ですから還ってもまだ
同点、2者が凡退すれば負けですからノーゲームのほうが良いかも知れませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL