図書館のススメ→ススム

一生かけても、世にある本すべて読み尽くせないんだから…乱読だってつん読だっていいじゃないか!

1月24日(水)のつぶやき

2018年01月25日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まよなかのせんろ

2018年01月24日 | 絵本
まよなかのせんろ
クリエーター情報なし
アリス館


息子(5歳2ヶ月)と図書館に行ったらこの本選らんだ。

先日いった車両基地のイベントで「マルチプルタイタンパー」を見たばかりだったので、喜んでいた。

東海道線らしき電車の絵も気に入った理由のようだ。

読む親(私)はよく出てくる「マルチプルタイタンパー」を声にするのが早口言葉のようで大変だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)

2017年12月25日 | 絵本
ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)
クリエーター情報なし
福音館書店


小児科にて。
ストーリーがあるのかと思いきや、一年の行事まとめた感じの本でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンパンマンをさがせ!ミニGREEN

2017年12月25日 | 絵本
アンパンマンをさがせ!ミニGREEN
クリエーター情報なし
フレーベル館


処方箋薬局の待ち合い室にて。

間違い探し好きな息子は、ハマってしまい、、、なかなか薬局から帰れなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バムとケロのもりのこや

2017年12月23日 | 絵本
バムとケロのもりのこや
クリエーター情報なし
文溪堂


五歳2ヶ月の息子がこのシリーズにはまっています。

シリーズの中でもこれが一番のお気に入り♪
読み聞かせをする親としては、1ページの中に四コマ漫画のように、なっている箇所が多くて読むの大変だけど、登場人物も多くて絵も楽しい♪

最後の絵は何が居るのか?目を凝らして楽しめます。

私もこんな秘密の小屋ほしい!
私もソレちゃんのような友達ほしい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バムとケロのさむいあさ

2017年12月23日 | 絵本
バムとケロのさむいあさ
クリエーター情報なし
文溪堂


五歳2ヶ月の息子がただ今はまっているシリーズの絵本です。
毎晩読まされています。今晩はこれでした。
(電車好きなんでね、こんな物語にはまるのは意外です)

シリーズ通して見ると、起承転結は同じパターンなんだけど、飽きずに笑える♪

アヒルのかいちゃんがいつもいいスパイスで、個人的には好き。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いちばんでんしゃのしゃしょうさん

2017年12月18日 | 絵本
いちばんでんしゃの しゃしょうさん (福音館の科学シリーズ)
クリエーター情報なし
福音館書店


「いちばんでんしゃのうんてんしゅさん」に引き続き息子が読みたいと言った絵本。

中央線には馴染みないんですが、このシリーズのお陰で息子は中央線好きになりました。

読みきかせをする親としては、電車の絵本は、読む箇所多く、専門用語出るので疲れるんだけど、息子が喜ぶのでまた、読みます。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

はしれ さんてつ、きぼうをのせて

2017年12月18日 | 絵本
はしれ さんてつ、きぼうをのせて (知ることって、たのしい!)
クリエーター情報なし
WAVE出版


間瀬なおかたさんの絵本が好きな五歳の息子。

図書館で表紙を見ただけで借りてきました。

しかし、読み聞かせをするのは難しかったです。
地震、津波とかを教えるのに苦労しました。
もうちょっと大きくなってから読み直したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バムとケロのにちようび

2017年12月14日 | 絵本
バムとケロのにちようび
クリエーター情報なし
文溪堂


子供が生まれたばかりの頃もらったシリーズ本。
ずっと五歳まで積読でした(笑)。
しかし、何を思ったか?本棚にしまってあるこの本を見つけてからというもの「ママ、バムとケロ読んで」と、おねだりするように。

本日はこのにちようび読みました。

バムがきれいにお片付けしたあとにケロに汚される。
そして二人で部屋をきれいきするストーリーなんだけど、、、
ケロと息子がかぶるところがあり、ママのお片付け大変さを少し理解してくれたみたい♪

それだけでも、私は満足。
息子はばつが悪そうだけど、絵本は読んでほしいみたい。

最後、二人とも疲れて寝てしまう絵が素敵♪
独特な絵がいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バムとケロのそらのたび

2017年12月13日 | 絵本
バムとケロのそらのたび
クリエーター情報なし
文溪堂


子供が生まれたばかりの頃もらったシリーズ本。

ずっと五歳まで積読でした(笑)。

しかし、何を思ったか?本棚にしまってあるこの本を見つけてからというもの
「ママ、バムとケロ読んで」
と、おねだりするように。

鉄道図鑑ばかりの息子が珍しく絵本にはまっています。

いろんな所に笑える絵があるのがいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

2017年09月18日 | マタニティ・子育て系
0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児
クリエーター情報なし
小学館


この本は、月齢で区切って書いてある本だった。

その月、その月、該当する内容を読んでいった。
この本にオススメの絵本とか購入してみたり、語りかけをよくした。

初めての子育ては手探りで必死だった。

いろいろ本に書いてあることを試してみた。

しかし、子供にも嗜好があり、すべてがすべて薦められた絵本を好んで読んではくれなかった。

日々成長していく我が子、毎日同じではないんだなぁ~と思っている間に息子は大きくなっていた。


1歳過ぎたあたりから本を読んでいる暇がなくなった。

そして気がついたら、この本の卒業の4歳過ぎていた。


この本を初めて見たときは本の分厚さ(3cmほど)に「4歳って遠い」って思っていたけれども、意外と早かった。

この本は、役に立ったと言えば立った気がするし、そうでもないなぁ~という気もする。

今思うと、この本の分厚さが初めて母になった不安な気持ちと期待を表している気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悦ちゃん (ちくま文庫)

2017年09月18日 | 最近読んだ本
悦ちゃん (ちくま文庫)
クリエーター情報なし
筑摩書房


NHKのドラマ「悦っちゃん」を見たのがきっかけで読んだ。

面白かったので結末が早く知りたくてTVドラマの途中から読んだ。

しかし、小説の内容とTVがかなり異なっていた。

異なっていたけれども、、、
どちらも人間味あふれていて”ほんわり”とした空気感が心地よかった

だいたい、小説とドラマどちらかに入れあげて読むと、どちらかにガッカリすることが多いのだが、この「悦っちゃん」は違っていた。ストーリーや登場人物像が異なるのだが”ほんわり”とした空気感が同じで、接している時間は読んでいるこちらも幸せな気持ちになるのだ。

「おもしろくて」時間を忘れて読んだ小説は久しぶりだった。

獅子文六のほかの小説も読みたくなった。

と、同時にテレビの脚本家の職人芸をを感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

服を捨てると幸せが見つかる

2017年09月11日 | 最近読んだインテリア本
服を捨てると幸せが見つかる 1日30分でも自分を変える
クリエーター情報なし
SBクリエイティブ


図書館で、何ヵ月も待って読めた本。
(こういうモノを減らそう!推進本こそ、買わずに図書館)

服の話というより「自分を見つめ直そう」「考え方変えてみよう」的な内容でした。

待ちわびた分、なんか、過大評価しすぎていたのか?あっさりした内容に感じました。

題名のインパクトがあり過ぎるのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美篶堂とはじめる 本の修理と仕立て直し

2017年09月11日 | 最近読んだ本
美篶堂とはじめる 本の修理と仕立て直し
クリエーター情報なし
河出書房新社


子供の絵本の修理、かわいくできないかしら?
と、読んでみた。

いつも、メンディングテープで修理してたけど、この本に書いてある修理用和紙テープで直してみようかな?

3M スコッチ メンディングテープ 18mm×30m ディスペンサー付き 810-1-18D
クリエーター情報なし
3M(スリーエム)


フィルムルックス 補修補強テープ ペーパーエイド 2cm×10m 00120
クリエーター情報なし
フィルムルックス

外箱の作り方とかあり、本以外にも活用できそう。いろいろ、参考になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「感情」の解剖図鑑

2017年08月31日 | 最近読んだ本
「感情」の解剖図鑑: 仕事もプライベートも充実させる、心の操り方
クリエーター情報なし
誠文堂新光社


感情に流され、振り回されがちな私には、とても分かりやすく参考になる本でした。

大人になると、少しは感情に振り回されなくなるかと、思っておりましたが、そうも行かず、、、
この本はそんな私を私自身が俯瞰して見る目を持たせてくれました。

動物的に残っている感情と現代社会では不要の感情があることがよくわかりました。
どうも、現代社会では不要の感情に振り回されがちです。

苫米地さんの本他にも読みたくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加