図書館のススメ→ススム

一生かけても、世にある本すべて読み尽くせないんだから…乱読だってつん読だっていいじゃないか!

はじめてであう小児科の本

2016年09月23日 | マタニティ・子育て系
はじめてであう小児科の本
クリエーター情報なし
福音館書店


読んだというより、息子に関係あるとこだけ読んだ。

なんせ、分厚い。

病状については端的に書いてあって気持ちラクに読める。大げさでないところがいい。

おねしょは六歳位まで問題ないのか……ほっ。
それを過ぎても問題ないようなことが書いてあり、気持ちがラクになった。
三歳のおねしょはまだ大丈夫だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京「路地裏」ブラ歩き

2016年09月22日 | 最近読んだ江戸・東京・散歩関連本
東京「路地裏」ブラ歩き 路地裏の達人が“通の楽しみ方”を徹底ガイド!
クリエーター情報なし
講談社


想像していた路地裏散歩とは異なったが面白かった。

この本を読むと、そんな散歩の楽しみ方もあるんだなぁという発見がある。ただあるくだけでなく、歴史や風景を楽しむ方法を教えてくれる内容。

作者の独特な視点がいい味わい。

特に銀行の路地裏は、ちょっとディープで驚きの連続。銀座の光と闇を目の当たりにする路地だ。

「路地といえば」的によくある出てくる浅草や谷中、神楽坂のに加えて北品川、羽田近辺を、紹介してあるのが良かった。
以前から、金運の神様がいるという「品川神社」に行ってみたかったので、品川神社から周辺の路地裏散歩の紹介はとても参考になった。穴守稲荷近くの羽田の七曲がり全て曲がってみたい。

巻末のためか?佃、北品川、羽田近辺のページだけが白黒ページで悲しかったが、路地裏好きにはたまらない本だと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怪しい駅 懐かしい駅: 東京近郊駅前旅行

2016年09月18日 | 電車関係の本
怪しい駅 懐かしい駅: 東京近郊駅前旅行
クリエーター情報なし
草思社


以前、同作家の「五反田駅はなぜあんなに高いところに」を読みました。

「五反田駅はなぜあんなに高いところに」より、こちらの方が面白かった。

なんというか...電車うんちくっぽい題名なんだけれども、この本を読むと電車に乗って「ぶらる途中下車のたび」が無性にしたくなる。昭和の思い出回顧的なところがなおのところ「この風景は今しか見られないんだ」という気持ちになり、電車旅行がしたくなってしまう。

両国駅の章で、東京駅は女々しく、上野駅はいさぎよいという例えの表現が良かった。

村上健さんの絵が最高。
祐天寺に石を見に行ってみたくなった。

図書館で借りたが良かったので結局買った。

五反田駅はなぜあんなに高いところにあるのか(東京周辺 鉄道おもしろ案内)
長谷川裕
草思社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKのおかあさんといっしょ 2015年 04 月号 [雑誌]

2016年09月10日 | Weblog
NHKのおかあさんといっしょ 2015年 04 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
講談社


皮膚科の待合室にあったので息子と読みました。

こんな雑誌があることはじめて知った。

たくみお姉さん、ムテキチが懐かしい。
今のお姉さんとロボット人形に馴染めない・・・が、3歳の息子はあつこお姉さんが好きみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校では教えてくれない日本語の授業

2016年09月09日 | 最近読んだ本
学校では教えてくれない日本語の授業
クリエーター情報なし
PHP研究所


図書館で借りて読んでみた。

(以下本文抜粋)
使う言葉によって、その言語が求める思考様式があるのです。そのため、思考は否応なく言葉に支配されてしまうのです。
-----
(以下本文抜粋)
読みやすい文章ばかり読んでいては日本語力は伸びない
-----

と、いう言葉に衝撃を受けた。
最近、本を読まず、通勤時間はスマホゲームやSNSにハマっていた自分。
パソコンで文字を打ち、文字を書かなくなって、漢字を忘れている自分。
子供に英語を!と、躍起になっていた自分に言われているのか?と、思った。


齋藤先生監修のEテレ「にほんごであそぼ」が好きで子供にいい日本語を見せていたつもりだったが、それだけでは、足りないな、、、と、この本を読んで危機感を感じ、思わず「論語」を、購入し、子どもの前で声を出して読むようになった。
子供はキョトンとした顔で聞いているが、わからなくてもいいのだ。大きくなったとき「母さんが言ってたのこれかぁ」と、思ってくれるだけでいい。

というか、この論語読み、私自身に今役立っている。いくつもの時を越えて読み親しまれている本というのは、本当に心に響くものだなと痛感する毎日。

小学生のための論語
クリエーター情報なし
PHP研究所



子や孫に読み聞かせたい論語
クリエーター情報なし
幻冬舎
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年8月に読んだ本

2016年09月05日 | 読んだ本のまとめ
2016年8月に読んだ本

鉄道好きな息子と、散歩できるコースを探している。
体力があまっているのか?なかなか夜寝ない子供とハイキングしたい、
夏は暑く、虫も多いので秋になったら電車でハイキングに行きたい。

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1095ページ
ナイス数:26ナイス

鉄道車両色見本帳―慶応義塾大学鉄道研究会創立70周年記念写真集 (1)鉄道車両色見本帳―慶応義塾大学鉄道研究会創立70周年記念写真集 (1)感想
ただただ見ているだけで楽しい本だった。全てカラー写真なのがとてもいい。
読了日:8月27日 著者:
本好きのためのウォーキング入門 (平凡社新書)本好きのためのウォーキング入門 (平凡社新書)感想
手軽な散歩コースから、長距離ハイキングなどいろいろ。体育会系っぽくないのがいい。ウォーキングもこういう視点でスタートすると深さが出ていいなぁ。
読了日:8月27日 著者:武村岳男
昭和に出合える鉄道スケッチ散歩 (単行本)昭和に出合える鉄道スケッチ散歩 (単行本)感想
イラストがとても良かったです。鉄分強すぎないけど、詳しい文章がホッとさせてくれます。これを読んで大糸線に無性に乗りたくなりました。
読了日:8月20日 著者:村上健
Mart(マート) 2016年 09 月号 [雑誌]Mart(マート) 2016年 09 月号 [雑誌]感想
処方薬待つ間読みました。キッチン収納のアイデアは今まであまり見たことのないタイプで結構参考になった。ダイソーのスクエア収納ケース特集も良くて、子どものおもちゃしまうのにいいなぁ~。意外と読みごたえあった。
読了日:8月20日 著者:
駅からハイキング&ウォーキング (東日本) (別冊山と溪谷)駅からハイキング&ウォーキング (東日本) (別冊山と溪谷)感想
タイトルだけ見てネットで図書館に予約した。タイトル通り、ウォーキングの部分とハイキングが半々といった感じ。浅草とか神田といった東京下町から、信州や群馬なども出てくる。範囲が広すぎて、あまり参考にならなかった。
読了日:8月17日 著者:
心を見つめる言葉心を見つめる言葉感想
楽天ブックスで、安くなってたので、買ってみた。ダライ・ラマをじっくり読んで見たかったのだけれど、、、この本は詩集のように短文が一ページごとに大きな文字で書かれているタイプのものだった。物足りなく感じるが、内容は沁みる。どこから読んでもいい感じの本。
読了日:8月10日 著者:ダライ・ラマ法王14世
あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)感想
Instagramのお気に入りの方の写真に乗っていて、思わず買った。「け」には京急が書いてあり、息子共々テンションアップ。三歳10ヵ月の子鉄は、ちょうど文字を覚える時期と重なり、重宝。ドクターイエローとかいろいろ載ってて楽しい。書き順も線路になってて、とてもいい!
読了日:8月4日 著者:視覚デザイン研究所
うみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさんうみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん感想
息子が保育園の図書館で借りてきた。ほんわかする絵本。
読了日:8月4日 著者:間瀬なおかた

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

収納上手にならなくてもいい 片づけのルール

2016年09月03日 | 最近読んだインテリア本
収納上手にならなくてもいい 片づけのルール
クリエーター情報なし
成美堂出版


病院の待合室にて。

以前読んだものなのにまた、参考になった。
時間が経つにつれて家の整理したいところは変わるのだ。

整理本は、一度読んだからといって「終了」とはならないことを学ぶ。

家の中は、自分の歳、子供の年齢、家庭環境によって常に更新しているのだということをこの本を再読して理解した。


2015年2月9日に読んだ。リンク先はその当時のblog。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本好きのためのウォーキング入門 (平凡社新書)

2016年08月27日 | 最近読んだ江戸・東京・散歩関連本
本好きのためのウォーキング入門 (平凡社新書)
クリエーター情報なし
平凡社


手軽な散歩コースから、長距離ハイキングなどいろいろ。

ウォーキングといっても、体育会系っぽくないのがいい。
(ウォーキングのふぉーむとか書いてありません)

ウォーキングもこういう視点でスタートすると深さが出ていいなぁ。

図書館で借りて読んだ。もうちょっと時間に余裕が出てから読み直したい。
定年でじかんもお金にも余裕がある本好きなお父さんにお勧めしたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Mart(マート) 2016年 09 月号 [雑誌]

2016年08月20日 | 最近読んだインテリア本
Mart(マート) 2016年 09 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
光文社


処方薬待つ間読みました。

キッチン収納のアイデアは今まであまり見たことのないタイプで結構参考になった。
タオル掛けの輪っかに洗濯はさみで歯磨き粉をぶら下げるアイデアが良くて、早速真似した。
おかげで洗面所の掃除がしやすくなった。
オールステンレス フック付ピンチ 4個組 32430
クリエーター情報なし
下村企販



ダイソーのスクエア収納ケース特集も良くて、子どものおもちゃしまうのにいいなぁ~。意外と読みごたえあった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心を見つめる言葉

2016年08月10日 | 買った本
心を見つめる言葉
クリエーター情報なし
飛鳥新社


楽天ブックスで、安くなってたので、買ってみた。

ダライ・ラマをじっくり読んで見たかったのだけれど、、、この本は詩集のように短文が一ページごとに大きな文字で書かれているタイプのものだった。
物足りなく感じるが、内容は沁みる。
どこから読んでもいい感じの本。

でも、物足りない。
やっぱり、安くなっていたとかいう安易な気持ちで本を買ったり、本を読んだりしていけないなと・・・痛感。

通勤時間が一番の読書の時間なのに、スマホのゲームにはまり、読書がおろそかになり、読書力が半減しているように感じる今日この頃。もとより、文章をつくる力もなくなりつつある・・・漢字も書けなくなってきている。
文字に対する危機感があるが、スマホゲームから抜け出せない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん

2016年08月04日 | 絵本
うみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん
クリエーター情報なし
ひさかたチャイルド


息子が保育園の図書館で借りてきた。

ほんわかする絵本。

こんなオチだったとは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)

2016年08月04日 | 電車関係の本
あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)
クリエーター情報なし
視覚デザイン研究所


Instagramのお気に入りの方の写真に乗っていて、思わず買った。

「け」には京急が書いてあり、京急好きの親子はテンションアップ。

三歳10ヵ月の子鉄は、ちょうど文字を覚える時期と重なり、重宝。

ドクターイエローとかいろいろ載ってて楽しい。

ひらがなの書き順も線路になってて、とてもいい!

もっと早く出会いたかった!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日経 WOMAN (ウーマン) 2013年 09月号 [雑誌]

2016年07月28日 | Weblog
日経 WOMAN (ウーマン) 2013年 09月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
日経BP社


片付け目当てで、タイトルだけ見てインターネットで予約を入れて図書館で借りた本。

微妙な片付けだった。
(引き出しに仕切り入れるだけ的な)
(こんなので特集になるのか?)

あまり、真似したい!とかこうしてみよう!とかいった参考になる片付けではなかった。


2013年の雑誌だけあって、今は見かけない香里奈や江角マキコが紙面いて、時代の流れを感じたよ。
片付けの内容も2013年だったからお粗末だったのかもな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本の声を聴け―ブックディレクター幅允孝の仕事

2016年06月29日 | 本紹介・文章関連本
本の声を聴け―ブックディレクター幅允孝の仕事
クリエーター情報なし
文藝春秋


本を読みながら、幅さんがディレクターした本屋を見てみたい!と、いう気持ちが高まった。
しかし、巻末頃に出てきた「シボネ」は好きでよく本を見に行っていた。

なんだ、前々から私は「幸福な事故」に会っていたんだなぁ。

「幸福な事故を誘発する」仕事って素敵だなぁ。

この本のおかげで、また、本を読みたくなった。
本の心地いい異空間の感覚を思い出した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つかう本

2016年06月29日 | 本紹介・文章関連本
つかう本
クリエーター情報なし
ポプラ社


「本の声を聞け」という本を読んで、気になり、図書館で借りました。

千里リハビリセンターの本棚の本の本なのですが、、、
本を最近読んでなかった私の「本リハビリ」にもなりました。

これを読んだら、本が無性に読みたくなりました。

読んだことがなかった本、
普通にしてたら私に出会えなかった本
にたくさん出会え、本のわくわく感を思いだしました。

ここ数ヵ月、通勤時間はスマホのパズドラと、ツムツムにはまり、全く本を読まなかった。
そんなときにこんな本に会えて良かった。
また、本を開いて異空間を旅しよう。

ゲームは楽しくて、簡単にのめり込んでしまうけど、、、結局、何も私自身の肥やしにはならないんだよなぁ…。時間がもったいないないと、思いつつ、、、ゲームは魔物だ。

本の始めにでてた輪郭を描くぬりえしてみたいなぁ。
ゴルフには全く興味ないけど、世界のゴルフ場の写真集には心奪われた‼

本の声を聴け―ブックディレクター幅允孝の仕事
クリエーター情報なし
文藝春秋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加