図書館のススメ→ススム

一生かけても、世にある本すべて読み尽くせないんだから…乱読だってつん読だっていいじゃないか!

12月5日(月)のつぶやき

2016年12月06日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年11月に読んだ本

2016年12月05日 | 読んだ本のまとめ
2016年11月に読んだ本のまとめ

ほとんど、読んでない。
恥ずかしいくらい読んでない。

2016年11月の読書メーター読んだ本の数:8冊読んだページ数:511ページナイス数:17ナイスこのレシピがすごい! (扶桑社新書)このレシピがすごい! (扶桑社新書)感想料理本ばかりの批評(誉めてばかりある)本でした。読むと、それに紹介してある料理本は読みたくなった。なぜなら、作者がどの料理本も愛しているのがじわじわと伝わるからだ。読了日:11月29日 著者:土屋敦
LEE(リー) 2016年 11 月号 [雑誌]LEE(リー) 2016年 11 月号 [雑誌]感想美容院にて。読了日:11月23日 著者:
GLOW(グロー) 2016年 12 月号GLOW(グロー) 2016年 12 月号感想美容院にて。読了日:11月23日 著者:
ブレーメンのおんがくたい (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)ブレーメンのおんがくたい (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)感想息子の好みではなく、私の好みで買った絵本。絵がいい!「ブレーメンのおんがくたい」読んだの何十年振りだろう?こんな話だったっけ?始めのはじまりが少し悲しい話だったのね、、、四才の息子には難しいかな?と、思ったら、今度のクリスマス会の出し物「ブレーメン」だって。ちょうど良かった。読了日:11月8日 著者:グリム
そらいろのたね(こどものとも絵本)そらいろのたね(こどものとも絵本)感想小児科の待ち合い室にあって、気に入ったので買いました。息子的には「ぐりとぐら」も登場するとこが気に入っているみたい。いろんな動物が出てくるとこがいい。読了日:11月8日 著者:なかがわりえこ
今すぐ使えるかんたん文庫 パワーポイントPowerPointあっ! と驚く快速ワザ今すぐ使えるかんたん文庫 パワーポイントPowerPointあっ! と驚く快速ワザ感想パワポは苦手意識があって、今一歩ふみこめなかったのですが、、、プレゼンするには最適だなぁと日々感じ、読んでみた。これは、オールカラーで分かりやすい。おまけに文庫なので手軽なので、通勤バックに潜ませて行くことも可能。アニメーション的なことも書いてあり、参考になった。読了日:11月2日 著者:河合浩之
ツトムとまほうのバス (のりものえほん)ツトムとまほうのバス (のりものえほん)感想息子(四才)が保育園で借りてきた。電車好きなのに、珍しくバスの絵本。ファンタジーだけど、ちょっと怖いところもある不思議な絵本。読了日:11月2日 著者:にしかわおさむ
大草原のとしょかんバス―としょかんバス・シリーズ〈2〉 (絵本の泉)大草原のとしょかんバス―としょかんバス・シリーズ〈2〉 (絵本の泉)感想息子(四才)が保育園で借りてきた。この絵本に出てくるようなおじさんがいるような安心できる世の中ならいいなぁ。読了日:11月2日 著者:岸田純一
読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このレシピがすごい! (扶桑社新書)

2016年11月29日 | 最近読んだ料理&キッチン本
このレシピがすごい! (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社


料理本ばかりの批評(誉めてばかりある)本でした。

読むと、それに紹介してある料理本は読みたくなった。
なぜなら、作者がどの料理本も愛しているのがじわじわと伝わってくるからだ。

料理本って、レシピと写真見て、自分がつくれるか?だけの観点で見ていたので、とても新鮮な内容の本だった。
これから新しい目で料理本を見ることができそうだ。

はじめにの文の--「レシピというものは、それを作った人とその家族の幸せに直接関わっていると思う」と、いう言葉が一番良かった。


-----以下この本を読んで読みたくなった本-----
自然の元気をいただきます。―たなかれいこの新・日常食
クリエーター情報なし
文化出版局

▲たなかれいこ 蓮根のはさみ揚げ
「肉食系の人」が敬遠してしまいそうな雰囲気もある、しかし、もしそうだとしたら、それはあまりにもったいないことだ。と、書かれてあったので読みたくなった。

土井善晴の定番料理はこの1冊
クリエーター情報なし
光文社

▲土井善晴 サンマの塩焼き
土井善晴さんの佇まいは、和食の料理人そのものだ。(中略)丁寧かつ素早く食材を扱っていく。まさに日本の職人の美しい佇まいそのものだった。という文を読んで、この本が読みたくった。土井さんは優しく微笑むテレビの姿しか知らないので、美しい姿勢で立ち、よく切れる包丁で、丁寧かつ素早く食材を扱っていく姿を知らなかったから、興味が湧いた。

ズボラ人間の料理術 定番レシピ
クリエーター情報なし
サンマーク出版

▲奥薗壽子 豚の角煮
彼女のやり方が、ただ奇をてらっただけでない、よくよく考え抜かれた方法であることの、なによりの証左だろう。という文のを見て、奥薗さんの料理本をじっくり読みたくなった。我が家は奥薗さん好きな者が多くいるがこんな風に語られてとこをみたことがなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おとどけものでーす

2016年10月11日 | 絵本
おとどけものでーす!
クリエーター情報なし
ひさかたチャイルド


三歳11ヵ月の息子が保育園で借りてきました。

思いっきり鉄ちゃんなので「車の本?借りたの?」と思いましたが、内容が素敵でこれを選んだ息子を見直しました。

宅配便が春を子供たちに運んでくれる話です。
宅配のお兄さんが主役(顔は帽子で見えません)のようで、子供が主役の絵になっていました。
かおりちゃんの笑顔に息子もニコニコでした。

現在、秋真っ只中なので春先にもう一度読みたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

でんしゃ (バートンの のりものえほん)

2016年10月11日 | 絵本
でんしゃ (バートンの のりものえほん)
クリエーター情報なし
金の星社


子鉄(三歳11ヵ月)が保育園で借りてきました。

二歳の頃、読んだときは電車の絵を眺めるだけだった。

最近「ひらがな」が多少読めるようになったから絵本の文字も一緒に教えつつ読んだら、とても喜んだ。

絵本って言葉の響き、文字を教えるだなぁ~と、当たり前のことに気付いた。

単純な内容(単に電車がただただ走るだけ)の絵本もいろいろ楽しめるものなんだ。大人目線だけで「単純」「つまらない」と、判断してはいけないなと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月に読んだ本

2016年10月10日 | 読んだ本のまとめ
201609

息子(鉄道好き)に関連の本をよく読んだ一ヶ月だった。
といっても、そんなに内容の濃い本は読んでいない。こうして紹介するのも恥ずかしいくらいだ。

唯一の読書時間、通勤時間をスマホゲームにあてたからだ。

この年になってスマホのゲームにはまるとは。

もともと、ゲーム好きではない。ニンテンドーもセガもドラクエもはまらずにこれまで生きてきたが、、、ここに来てゲームにはまった。
思いっきり責任転嫁でいえば「いまどきのゲームはよくできている」から。

耳から入る音楽といい、
収集癖をくすぐる手法
闘争心を沸き立てさせ、
連続ログイン得点や
見知らぬ人とつながっているかのような感覚を持たせる

なんというか、、、人の趣味嗜好をすべて兼ね備えてうまく作られているなぁ~と感じる。

ゲームにはまりつつ、頭の中で冷静に「ゲーム会社の手の内で踊らされているな」と、わかっているが抜け出せない。
2016年10月こそは読書の秋にしたいものだ。


2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:1385ページ
ナイス数:22ナイス

JRあたらしいとっきゅうずかん (のりものえほん)JRあたらしいとっきゅうずかん (のりものえほん)感想
1989年初版の絵本。電車好きの三歳11ヵ月の息子が保育園の図書館て借りてきた。題名は「あたらしい」とっきゅう図鑑だが、、、古い。表紙のスーパーひたちの写真がものがたっている。本文の電車の写真も古いけど、それに写っている人の服装も古さを感じさせる。子鉄はページめくるたび「これなに?」の連続だった。それもまたいいか。
読了日:9月29日 著者:松本典久,RGG

しょうぼうじどうしゃじぷた(こどものとも絵本)しょうぼうじどうしゃじぷた(こどものとも絵本)感想
図書館で見かけて借りた。小さいジプタが、小さいなりに活躍する話は絵本としてはありきたりではあるが、この絵本を読むとジンとくる。絵がいいのかな?三歳11ヵ月の息子にも良かったらしく、読み終わっても「ジプタ」や「ぱんぷ」くんの話をしていた。何度も読んでと言われる。
読了日:9月29日 著者:渡辺茂男
新幹線しゅっぱつ! (ランドセルブックス)新幹線しゅっぱつ! (ランドセルブックス)感想
三歳9ヵ月。息子が図書館で選んできた。E2系とかでなく、こまちやはやぶさという名前で新幹線を覚えている息子には。絵本の言葉が「?」。赤いE6系をこまちだと思っていたからE2系のこまちの絵本で少し残念そうでした。でも、駅で働く人や京浜東北線が出てきて喜んでいました。私的にはホームの下にクリーンスタッフの控え室があるのが驚きでした。
読了日:9月27日 著者:鎌田歩
はじめてであう小児科の本 改訂第四版 (福音館の単行本)はじめてであう小児科の本 改訂第四版 (福音館の単行本)感想
読んだというより、息子に関係あるとこだけ読んだ。なんせ、分厚い。病状については端的に書いてあって気持ちラクに読める。おねしょは六歳位まで問題ないのか……ほっ。それを過ぎても問題ないようなことが書いてあり、気持ちがラクになった。
読了日:9月23日 著者:山田真
東京「路地裏」ブラ歩き 路地裏の達人が“通の楽しみ方”を徹底ガイド!東京「路地裏」ブラ歩き 路地裏の達人が“通の楽しみ方”を徹底ガイド!感想
想像していた路地裏散歩とは異なったが面白かった。そんな楽しみ方もあるんだなぁという発見がある。作者の独特な視点がいい味わい。特に銀行の路地裏は、ちょっとディープで驚きの連続。よくある浅草や谷中、神楽坂の路地裏に加えて北品川があったのが良かった。羽田の七曲がり行ってみたくなった。
読了日:9月21日 著者:岡本哲志
怪しい駅 懐かしい駅: 東京近郊駅前旅行怪しい駅 懐かしい駅: 東京近郊駅前旅行感想
以前、同作家の「五反田駅はなぜあんなに高いところに」を読みました。五反田より、こちらの方が面白かった。両国駅の章で、東京駅は女々しく、上野駅はいさぎよいという例えの表現が良かった。村上健さんの絵が最高。祐天寺に石を見に行ってみたくなった。図書館で借りたが良かったので買った。
読了日:9月15日 著者:長谷川裕
学校では教えてくれない日本語の授業学校では教えてくれない日本語の授業感想
使う言葉によって、その言語が求める思考様式があるのです。そのため、思考は否応なく言葉に支配されてしまうのです。---という言葉に衝撃を受けた。
読了日:9月15日 著者:齋藤孝
NHKのおかあさんといっしょ 2015年 04 月号 [雑誌]NHKのおかあさんといっしょ 2015年 04 月号 [雑誌]感想
皮膚科の待合室にあったので息子と読みました。こんな本があることはじめて知った。たくみお姉さん、ムテキチが懐かしい。
読了日:9月10日 著者:
うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電 (のりものえほん)うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電 (のりものえほん)感想
息子が保育園で借りてきました。
読了日:9月10日 著者:中島章作
OZmagazine Petit(オズマガジンプチ) 2016年 04 月号 [雑誌]OZmagazine Petit(オズマガジンプチ) 2016年 04 月号 [雑誌]感想
病院の待合室にて。関内、山手の洋館特集がなかなか良かった。
読了日:9月5日 著者:
収納上手にならなくてもいい 片づけのルール収納上手にならなくてもいい 片づけのルール感想
病院の待合室にて。以前読んだものなのにまた、参考になった。時間が経つにつれて家の整理したいところは変わるのだ。
読了日:9月3日 著者:

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しょうぼうじどうしゃじぷた(こどものとも絵本)

2016年10月01日 | 絵本
しょうぼうじどうしゃじぷた(こどものとも絵本)
クリエーター情報なし
福音館書店


図書館のオススメコーナーに置いてあり、パラッと見ただけでも良かったので借りた。

小さいジプタが、小さいなりに活躍する話は絵本としてはありきたりではあるが、この絵本を読むと大人でもジンとくる。

絵がいいのかな?
言葉がいいのかな?
名前のつけかたがいいのかな?
(ジープを改造して作った消防車→ジプタ)
(はしご車→のっぽくん)
(ポンプ車→ぱんぷくん)
(救急車→いちもくさん)

三歳11ヵ月の息子にも良かったらしく、読み終わっても「ジプタ」や「ぱんぷ」くんの話をしていた。
何度も読んでと言われる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JRあたらしいとっきゅうずかん (のりものえほん)

2016年09月30日 | Weblog
JRあたらしいとっきゅうずかん (のりものえほん)
クリエーター情報なし
小峰書店

1989年初版の絵本。
電車好きの三歳11ヵ月の息子が保育園の図書館て借りてきた。

題名は「あたらしい」とっきゅう図鑑だが、、、2016年の現在読むと、古い。

表紙のスーパーひたちの写真が古さをものがたっている。

本文の電車の写真も古いけど、それに写っている人の服装も古さを「じわっ」感じさせる。

子鉄はそんなこと気にせずページめくるたび「これなに?」の連続だった。

そういうのもいいかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新幹線しゅっぱつ! (ランドセルブックス)

2016年09月27日 | 電車関係の本
新幹線しゅっぱつ! (ランドセルブックス)
クリエーター情報なし
福音館書店



三歳9ヵ月の息子が図書館で選んできた。

E2系とかでなく、こまちやはやぶさという名前で新幹線を覚えている息子には。絵本の言葉が「?」。

赤いE6系だけがこまちだと思っているからE2系のこまちの絵本で少し残念そうでした。

でも、駅で働く人や京浜東北線が出てきて喜んでいました。

親の私的にはホームの下にクリーンスタッフの控え室があるのが驚きでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめてであう小児科の本

2016年09月23日 | マタニティ・子育て系
はじめてであう小児科の本
クリエーター情報なし
福音館書店


読んだというより、息子に関係あるとこだけ読んだ。

なんせ、分厚い。

病状については端的に書いてあって気持ちラクに読める。大げさでないところがいい。

おねしょは六歳位まで問題ないのか……ほっ。
それを過ぎても問題ないようなことが書いてあり、気持ちがラクになった。
三歳のおねしょはまだ大丈夫だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京「路地裏」ブラ歩き

2016年09月22日 | 最近読んだ江戸・東京・散歩関連本
東京「路地裏」ブラ歩き 路地裏の達人が“通の楽しみ方”を徹底ガイド!
クリエーター情報なし
講談社


想像していた路地裏散歩とは異なったが面白かった。

この本を読むと、そんな散歩の楽しみ方もあるんだなぁという発見がある。ただあるくだけでなく、歴史や風景を楽しむ方法を教えてくれる内容。

作者の独特な視点がいい味わい。

特に銀行の路地裏は、ちょっとディープで驚きの連続。銀座の光と闇を目の当たりにする路地だ。

「路地といえば」的によくある出てくる浅草や谷中、神楽坂のに加えて北品川、羽田近辺を、紹介してあるのが良かった。
以前から、金運の神様がいるという「品川神社」に行ってみたかったので、品川神社から周辺の路地裏散歩の紹介はとても参考になった。穴守稲荷近くの羽田の七曲がり全て曲がってみたい。

巻末のためか?佃、北品川、羽田近辺のページだけが白黒ページで悲しかったが、路地裏好きにはたまらない本だと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怪しい駅 懐かしい駅: 東京近郊駅前旅行

2016年09月18日 | 電車関係の本
怪しい駅 懐かしい駅: 東京近郊駅前旅行
クリエーター情報なし
草思社


以前、同作家の「五反田駅はなぜあんなに高いところに」を読みました。

「五反田駅はなぜあんなに高いところに」より、こちらの方が面白かった。

なんというか...電車うんちくっぽい題名なんだけれども、この本を読むと電車に乗って「ぶらる途中下車のたび」が無性にしたくなる。昭和の思い出回顧的なところがなおのところ「この風景は今しか見られないんだ」という気持ちになり、電車旅行がしたくなってしまう。

両国駅の章で、東京駅は女々しく、上野駅はいさぎよいという例えの表現が良かった。

村上健さんの絵が最高。
祐天寺に石を見に行ってみたくなった。

図書館で借りたが良かったので結局買った。

五反田駅はなぜあんなに高いところにあるのか(東京周辺 鉄道おもしろ案内)
長谷川裕
草思社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKのおかあさんといっしょ 2015年 04 月号 [雑誌]

2016年09月10日 | Weblog
NHKのおかあさんといっしょ 2015年 04 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
講談社


皮膚科の待合室にあったので息子と読みました。

こんな雑誌があることはじめて知った。

たくみお姉さん、ムテキチが懐かしい。
今のお姉さんとロボット人形に馴染めない・・・が、3歳の息子はあつこお姉さんが好きみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校では教えてくれない日本語の授業

2016年09月09日 | 最近読んだ本
学校では教えてくれない日本語の授業
クリエーター情報なし
PHP研究所


図書館で借りて読んでみた。

(以下本文抜粋)
使う言葉によって、その言語が求める思考様式があるのです。そのため、思考は否応なく言葉に支配されてしまうのです。
-----
(以下本文抜粋)
読みやすい文章ばかり読んでいては日本語力は伸びない
-----

と、いう言葉に衝撃を受けた。
最近、本を読まず、通勤時間はスマホゲームやSNSにハマっていた自分。
パソコンで文字を打ち、文字を書かなくなって、漢字を忘れている自分。
子供に英語を!と、躍起になっていた自分に言われているのか?と、思った。


齋藤先生監修のEテレ「にほんごであそぼ」が好きで子供にいい日本語を見せていたつもりだったが、それだけでは、足りないな、、、と、この本を読んで危機感を感じ、思わず「論語」を、購入し、子どもの前で声を出して読むようになった。
子供はキョトンとした顔で聞いているが、わからなくてもいいのだ。大きくなったとき「母さんが言ってたのこれかぁ」と、思ってくれるだけでいい。

というか、この論語読み、私自身に今役立っている。いくつもの時を越えて読み親しまれている本というのは、本当に心に響くものだなと痛感する毎日。

小学生のための論語
クリエーター情報なし
PHP研究所



子や孫に読み聞かせたい論語
クリエーター情報なし
幻冬舎
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年8月に読んだ本

2016年09月05日 | 読んだ本のまとめ
2016年8月に読んだ本

鉄道好きな息子と、散歩できるコースを探している。
体力があまっているのか?なかなか夜寝ない子供とハイキングしたい、
夏は暑く、虫も多いので秋になったら電車でハイキングに行きたい。

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1095ページ
ナイス数:26ナイス

鉄道車両色見本帳―慶応義塾大学鉄道研究会創立70周年記念写真集 (1)鉄道車両色見本帳―慶応義塾大学鉄道研究会創立70周年記念写真集 (1)感想
ただただ見ているだけで楽しい本だった。全てカラー写真なのがとてもいい。
読了日:8月27日 著者:
本好きのためのウォーキング入門 (平凡社新書)本好きのためのウォーキング入門 (平凡社新書)感想
手軽な散歩コースから、長距離ハイキングなどいろいろ。体育会系っぽくないのがいい。ウォーキングもこういう視点でスタートすると深さが出ていいなぁ。
読了日:8月27日 著者:武村岳男
昭和に出合える鉄道スケッチ散歩 (単行本)昭和に出合える鉄道スケッチ散歩 (単行本)感想
イラストがとても良かったです。鉄分強すぎないけど、詳しい文章がホッとさせてくれます。これを読んで大糸線に無性に乗りたくなりました。
読了日:8月20日 著者:村上健
Mart(マート) 2016年 09 月号 [雑誌]Mart(マート) 2016年 09 月号 [雑誌]感想
処方薬待つ間読みました。キッチン収納のアイデアは今まであまり見たことのないタイプで結構参考になった。ダイソーのスクエア収納ケース特集も良くて、子どものおもちゃしまうのにいいなぁ~。意外と読みごたえあった。
読了日:8月20日 著者:
駅からハイキング&ウォーキング (東日本) (別冊山と溪谷)駅からハイキング&ウォーキング (東日本) (別冊山と溪谷)感想
タイトルだけ見てネットで図書館に予約した。タイトル通り、ウォーキングの部分とハイキングが半々といった感じ。浅草とか神田といった東京下町から、信州や群馬なども出てくる。範囲が広すぎて、あまり参考にならなかった。
読了日:8月17日 著者:
心を見つめる言葉心を見つめる言葉感想
楽天ブックスで、安くなってたので、買ってみた。ダライ・ラマをじっくり読んで見たかったのだけれど、、、この本は詩集のように短文が一ページごとに大きな文字で書かれているタイプのものだった。物足りなく感じるが、内容は沁みる。どこから読んでもいい感じの本。
読了日:8月10日 著者:ダライ・ラマ法王14世
あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)感想
Instagramのお気に入りの方の写真に乗っていて、思わず買った。「け」には京急が書いてあり、息子共々テンションアップ。三歳10ヵ月の子鉄は、ちょうど文字を覚える時期と重なり、重宝。ドクターイエローとかいろいろ載ってて楽しい。書き順も線路になってて、とてもいい!
読了日:8月4日 著者:視覚デザイン研究所
うみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさんうみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん感想
息子が保育園の図書館で借りてきた。ほんわかする絵本。
読了日:8月4日 著者:間瀬なおかた

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加