第59回JABA富山大会最終日

2017-04-18 11:22:53 | 日記
16日。
アルペンスタジアム。
準決勝
伏木海陸運送(FKK。高岡市)5-0ジェイプロジェクト(名古屋市)
JR東海(名古屋市)4-1富山ベースボールクラブ(TBC。富山市)
決勝
JR東海5-4伏木海陸運送

実際に観戦したのは決勝だけである。
まず、FKKの決勝進出を喜びたい。
上野投手が東海の強豪を完封。
TBCも、準決勝で負けたとはいえ、JR相手にいい試合ができたようである。
昨シーズンより戦力が向上しているのかもしれない。
だとすると、今シーズンは期待できる。
そして決勝のFKKだが、序盤からJRに圧倒され、三回で0-5。
大敗ムード漂う。
しかし、ロングリリーフの竹中が踏ん張り、追加点を与えなかったのが、よかった。
竹中は、結局、最後まで、投げ切った。
打線は、4回と5回に1点、8回に2点挙げ、4-5まで食い下がった。
このうち3点は、JRのレフトの拙守によるものだが、この日は、レフト方向へ強風が吹いていた。
FKKの打球は滅多に外野まで飛ばなかったと思うが、たまたま、大きな当たりがレフトへ飛んで来て、まあ、風のおかげという感じ。
ところで、JRは、投手5人の豪華リレー。
ピンチになると、惜しげもなく、投手を代えてきた。
たとえば、左打者が続くと見るや、左投手を当ててくるなど、余裕。
JR打線は、力強さがFKKよりはるかに上。
特に4番中田、5番掛江の打球は、鋭い。
ただ.FKKの先発城戸は中田を警戒し過ぎて大量失点につながってしまった感あり。
まあ、仕方ない、中田は、一応、元中日ドラゴンズですから。
結局、得点差は一点差だったが、JRの総合力の高さが目立った試合だった。
いずれにせよ、今年の富山県勢は、三大全国大会への出場が、去年よりも期待してよさそうな予感がした富山大会でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RIP アラン・ホールズワース | トップ | 山辺のおばちゃん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。