Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

7.23 アルマナックハウスLIVE57 リポート

2017-07-24 | アルマナックハウス

連日の猛暑だったがこの日は曇りがちで真夏日にはならなかった、そんな少しホッとしたこの日、千葉県市川市にあるライブハウス アルマナックハウス に向かった。 

 
まだしっかり陽が残っているうちにJR市川駅に到着~。

 
そこから歩いて約10分足らず、アルマナックハウスは駅のすぐ隣にあるのです

 


本日の出演は5組、いつもよりやや早めのスタートとなっていた。

 

出演者が集まりそろそろライブスタートの時刻・・・いつもは店主マイスターが口切で歌うのだがこの日はお店の開店15周年記念期間中ということで本日の出演者の画像・動画を編集したビデオを流した、さすがマイスター!手の込んだ演出です

  

 1.森 偉蔵


なんだかんだで久しぶりに会ったが、なんとギターを新調!ギブソンJ45で登場!イメージはぴったりだけどね。曲はいつものように「サイレン」「奇跡」などのメッセージソングのオリジナルを熱唱していた。ギターは中古だそうだが新品に見えるし音も鳴っていた。

 

2.わたくし、前田直弥

あれ、森偉蔵さんに撮影を頼んで撮ってくれていたと思うが・・・画像が無い!!ガチョーン。後で誰かのもらうかぁ。

1.HEARTBEAT
2.熱 烈 with TEL
3.アウトローになりきれなかった、
4.蜃気楼
5.50の空

以上5曲、楽しいお話を交えて目いっぱい歌いましたとさ

 

 

 3.秋月 牧


高校野球の選手で甲子園を目指してた時を歌ったオリジナル曲「セカンドスカイ」は今の時期にはぴったり

今は新曲ラッシュだそうで、友人に頼まれたバイクにちなんだブルース調の曲を歌うときは・・・

 
サングラス着用で「ちょいワル親父」に変身!レンジの広さを感じさせる内容でしたー

 

 4.


八王子からお越しの彼は長年のバンド活動と並行してここ最近ソロで歌い始めたそうだが、これまでのロックテイスト満載!ドスの効いたヴォイスはど迫力。話している声と全然違う!オレとタメ年だと判明したがスタイルを貫く姿勢に年輪を感じた。オリジナル曲「骨」は脳裏に刻み込まれるな~。

 

 5.TEL


ユニット「ごぢゃフラ」でのエントリーだったが都合により今夜はソロでのステージ。マイスターから拝借しているギャラガーのドッグワッソンシグネチャーモデルのギターを縦横無尽に弾き倒す!「愛の字ブルース」などオリジナル曲と「大きなノッポの古時計(原曲)」「朝日の当たる家」など幅広く、古典!?ドクターペッパーのネタもかましてくれたぞ

 ここで出演者全員終了~!ラストはやっぱりマイスター登場

TELと絡んで名曲を3曲ほど、しっかり締めてくれましたー

 ライブ終了後は15周年記念として毎回流しているVTRを視聴


15年に渡り出演者全員をナンバリングして何年から出演しているかを表示して、アルマナックハウスの歴史を紹介した
すべて記録を付けているマイスターならではで、すごい!何百人もいるのに・・・・感心してしまった

15周年おめでとうございます!これからもよろしくお願いいたします。
15周年記念企画はまだまだ続きますよ

 
途中乗り換えの駅にて。

 

 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Next Live:7月23日(日)... | トップ | Next Live:8月19日(土)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL