Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

9.12 アルマナックハウスLIVE24 リポート

2010-09-13 | アルマナックハウス

9月も半ばだというのに残暑厳しきこの日、千葉県市川市にあるライブハウス アルマナックハウス に向かった。出演組数が多いということでいつもより1時間早いスタートの予定になっていた


アルマナックハウスはギネスも取り揃えております


この日の出演は男ばかりの(珍しくもないが)総勢5組、ツワモノ揃いだったライブをリポートしよう

オープニング・アクション  マイスター鈴木

 いつものごとくこの店の主、マイスターが夏らしいカッコで「カントリーロード」で勢いづけ~してくれた


1.わたくし、前田直弥

まだ早い時間だというのにお客さんが入り始めてきた、長い夜になりそうなとっぱじめを飾ってまいりやしょう
1.シンプル 2.月だけが知っている 3.夏の記憶  4.さすらい  5.光と影 6.イメージカラー  以上6曲、「今日はおとなしめだね」と言われたラインナップの中から先頭の2曲をどうぞ  
<!-- シンプル~月だけが知っている -->

いつも通り充実!のステージでやんした~。 



2.並木一欣

埼玉県の栗橋から来たという彼はマーチンのギターにハーモニカで登場したのでドフォーク派かと思ったがおっとどっこい、ロック色の強い演奏と歌。ルーツだという米国のオールドロックのカヴァーを交えてガツンと決めてくれたっ。後ほど音楽の種類的にはギターはマーチンよりギブソンじゃない?と尋ねたら「若者がマーチン弾いているのが少ないのでそれも狙いです」と言っていた



3.西山正規

会場入り時から朗らかな方だな~と思っていた、が、しかし、ステージに上がったらぶっ飛び~!!セミアコ抱えて足を鳴らして飛んだり跳ねたりの激しいアクション
曲はブルースロックのオリジナル曲か?叫ぶようなヴォーカルが観客を飲み込む。

だんだん激しくなり~・・・


しまいにゃ客席になだれ込み、イスに立ちあがりごらんの様子
これまでも強烈なパフォーマーは数多く見てきたが突き抜け方は最強の部類に入ると思う・・しかし歌といい演奏といい、筋と年季が入っておりただのウケ狙いではない、だから観客も盛り上がったんだね


4.上田延明

3年くらい体調不良によりライブを休んでいたので久々の本格ライブだという彼だがそんなことを微塵も感じさせないオリジナルのブルースロックは聴きごたえがあった
自分の身の回りの出来事を歌の題材にしているのが印象的だった。前出の並木氏と西山氏も昔からの仲間だそうだしひさしぶりのお客さんもたくさんみえてライブ復活の狼煙を上げた



5.森 偉蔵


この日最後はおなじみ この方。待ち時間が長く飲みすぎていたはあったが熱のこもったステージを展開、特に「101」という曲にはみんな聴き入っていた
動画を撮るのでなぜかサングラスを1曲だけかけていたがその動画はとりあえずボツになった


ラスト・アクション

最後はマイスターがこれまたいつも通り、「ウイスキー」「グッドナイトアレン」などシブいナンバーで締めくくってくれた~。奥はお店のお手伝いのカレ

夏の終わりの本日も盛りだくさんの内容でライブ無事終了~!
まさに「弾き語り天国」的なアルナマックハウスらしい夜でした。出演者のみなさん、おつかれさまでした。ご来場のお客さん、ありがとうございました。そしてマイスター、ありがとうございました~。またよろしくです


店内のレトロな雰囲気を醸し出す古時計。
時刻は合っていない




いつも23時38分頃 南流山駅乗換えで通過

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Next Live:9月12日(日)... | トップ | Next Live:10月10日(日... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
後で削除してね (FF)
2010-09-18 23:13:26
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5736590.html
 ↑ コレで解決しないかなぁ?

メールアドレス探したけれどみつからなかったので・・・

グーにブログ作って試してみて
やっと言っている意味わかった Σ(゜ロ゜;)

コメントを投稿

アルマナックハウス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL