Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

11.3 The North Journey 2017 新しい町にGO!  リポート その1

2017-11-08 | North Journey

さあ始まりました、6回目の The North Journey (ノースジャーニー)・・・東日本大震災の被災地である岩手県大船渡市、陸前高田市などを音楽で盛り上げ消費して復興に寄与しようというイベントだ。今年も60人ほどが関東近県から参加した。

前乗りのオイラは朝キャッセン大船渡着のエクスプレスバスを迎えに行かず、旅人の送迎などに使用するレンタカーを現地で借りに行っていた。

ほどなく到着した旅人の中から初参加の人たち、ご希望の方々を「鴎の玉子」の斎藤製菓工場内にある「津波伝承館」に乗せていった。

 

 2011年3月11日に大船渡を襲った大津波の様子を画像とデータで解説、


斎藤館長による説明で防災意識を高めてもらうという催し・・・到着したばかりの旅人も真剣に聞き入る

その後、メイン会場になるキャッセン大船渡に戻ると千年広場でライブがスタートしていた。


この日は暖かくて穏やかな陽気・・・ライブにはもってこいだ


The North journey の横断幕も設置。

出くわしたミュージシャンを紹介しながらリポートしよう

ターナーB

 

 ヒロウエキ&じゅんや人情&ツヨシ

ここでオイラの本日のライブ会場である住田町のクラッチへ向かう

 約30分くらいでクラッチに到着!

画像に含まれている可能性があるもの:家、屋外

住田町の古い蔵を利用したライブスペースです画像は前日下見したときのものです。


本日の出演者。住田町の音楽サークル「音蔵(ねぐら)」のみんなが飲み物・食べ物を用意して待ってくれていた

 

田中エミリ


エミリさんが新作のチャリティーCDをPRしながら歌い、踊る!

 

 吉田テツロー


熱いコーヒーを足にこぼして負傷中の中、熱傷ならぬ熱唱

 

 minami


風邪をひいてしまったとのことだがminami節は健在、迫力の歌声

 

 ななたけ


新機軸!たけさんのヴォーカル冴えて、ななさんも気合入ってましたー

 

わたくし、前田直弥


クラッチ初登場!木造蔵の良い音響の中、行くぜい!

1.ここまでやって来た
2.LIVESONG
3.遥かなる河(風太郎ヴァージョンカヴァー)

 オレもみんなに負けず気合入れました!


画像はななさんにもらったけどサイズ変更できないのれす

 

 MKB


初回から毎回参加の彼らはビートルズナンバーなどおしゃれにキメてくれたゾ

 

こちらのMCは鈴木準二センセイ、シブい声がEEね! 

 

斎藤選手


地元枠で陸前高田から、「愛と平和」を連呼!

 

 ターナーB


ノリとギターテク、そしてMCもどこか面白い!?ロッカーなのだ。

 

ヒロウエキ


アルバムの曲から、ベース&ドラムスもベストマッチ!

 

じゅんや人情


単独でクラッチでもライブも行っている、ブルースがしみる~

 

バヤシ


地元枠、住田愛が感じられるオリジナル曲と歌声が心に響く!

 

 音蔵オールスターズ


地元のメンバーがお揃いのカエル被り物!チームワーク抜群で「カツカレー(題名は「帰り道」」も出たぞーっ

 
チームワークに会場も盛り上がります!!

 音蔵オールスターズ2


住田弁の寸劇も入れて、軽トラの曲も。地元愛にあふれているね~。

 ライブは終了~!


音蔵のみんながあいさつを・・・おもてなししてくれてありがとう

クラッチはお店ではなく地元の音楽・イベント活動の拠点になっています


楽しかった~!また来たい!来年もよろしくお願いしまーす!!

 

この日のオイラの出番はここまで・・・・移動の旅人を乗せキャッセンに戻り、この日開催の「バルウォーク大船渡」というチケットで指定店で1ドリンク&1フードを味わい、お店をぐるぐる回れるシステムにチャレンジした。
自動代替テキストはありません。

 バルウォークのチケット&パンフ

海山酒場おおふなとのケムリ湾岸食堂をチケットで、その後NJ特別開催のMINTがやってるCULB MINTへ行き、そして最後はまたKEIJIで締めましたー、飲んでんなー、随分。つづく!

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11.1 『HONESTY』LIVE その... | トップ | 11.4 The North Journey 2017... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

North Journey」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL