給付制復活へ!

2016-12-20 12:16:02 | 司法試験関連

2011年に廃止された司法修習生への給付制度が平成29年度採用(71期)から復活のようです。方針案では、月額に一律13万5000円を支給し、アパートなどを借りる必要がある修習生に対しては、住居費として月額3万5000円が支給されるとのこと。

まぁ、まず2011年に廃止にもっていったやつに責任をしっかり取らせてほしいもんですよ。わずか5年で方向転換なんて「失策」以外の何物でもない。三権の一翼である司法権を弱体化させる効果しかなかった。大体、実務修習は質はともかく「働いている」わけで、要はただ働きさせているようなもの。研修医がただ働きしてるかね?というお話でした。

給付制復帰のために、知り合いの弁護士も何人か頑張っていました。尽力に感謝するしかないですね。やや金額的に十分とはいいがたいですが前進いたしました!これで司法試験を目指そうという人が回帰してくれればいいのですけども。

受験生には少し早いクリスマス・プレゼントとなりましたね!

ジャンル:
ウェブログ
Comment (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 判例変更 | TOP | 「会社法百選第3版」の特徴 »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-12-20 12:29:45
初学者です。
短答模試の復習の仕方について質問があります。
模試は受けて、軽く復習し1週間後にもう1度解くという方法が良いのでしょうか?
それとも、受けた後にガッツリ復習し判例六法等にまとめるだけで良いのでしょうか?

post a comment

Recent Entries | 司法試験関連

Trackback

Trackback  Ping-URL