答練の時期

2016-10-16 12:39:41 | 司法試験関連

神無月も中旬を迎えました。答練が生活の中心となりつつある人も多いのではと思います。

答練シーズン開幕前に注意事項はを摘しましたが、改めて再確認です。

「受講にあたり目的意識を持つこと」、「日々の勉強はその習得のためにあり」、「答練は習得具合を確認する場であること」。

「週末の答練のために」突貫工事で1週間で憲法を詰め込む、とかいう勉強を毎週のように繰り返さないように注意です。1週間で詰め込んで、を各科目で繰り返すうちに、直前期を迎えてしまいます。これでは何の進歩のない半年になってしまいます。

あと、平均点や自分の点数などに関心を持ちましょう。聞いても点数を答えられない人が多いのですが、ちょいと信じがたいです。自分のポジショニングは一番の関心事のはずです。

さぁ、序盤戦から答練をフル活用しましょう!

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あと少し | TOP | 法科大学院雑感 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-17 11:28:56
ローの授業で今学期は憲法が無いのですが、このようにローの授業に無い科目をやる場合どのようにすれば上手くいくでしょうか?
Unknown (yoshino)
2016-10-18 12:32:07
まぁ、素材等、普通にやればいいと思いますよ。

あとは時間ですね。ローの予習復習で時間を取られるので、自分で意識的にタイムマネジメントできるかは気を付けるべき点です。

暇ができたらやる、と言う感じだと結局「忙しい忙しい」で流されて終わりますので。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL