危機感≠焦燥感

2017-04-23 13:07:33 | 司法試験関連

卯月も4月下旬に入ってきました。何だか今年は例年以上に日々の移ろいが早く感じます。

なんて受験生はそんな情緒的な事言ってる場合じゃないですが、とにかく「焦らないこと」。

「危機感」を持つことと、「焦る」ことは似て非なるものです。危機感がないというのは、痛みを感じず、怪我したことに気が付かないのと同じであって、防衛面で非常に問題があります。

受験生に「焦るな」というのは難しいのですが、焦燥感の負のスパイラルにはまらないよう、注意してください。

今まで自分をギリギリまで追い込んできたという実績があれば、焦る必要なんてありません。

「落ちたらどうしよう」というのは、誰もがもつ感情なので、それは「平常運航」です(笑)。心配いりません。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷わず受験! | TOP | 最適化を目指す »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 司法試験関連

Trackback

Trackback  Ping-URL