料理方法と論文料理方法

2017-03-21 13:41:36 | 雑感

先日の鉄腕ダッシュで、外来魚をお美味しく調理できるか、というコーナーが放送されました。ミシュラン一つ星のフレンチシェフが、初めてみる素材をどう料理するのか。

初めての食材をどう調理するのか、その手法に興味がありましたが、アプローチ法を見ていて、法律の問題と同じだなぁ、と思いました。

大雑把に言えば、魚を捌いてその特徴を分析する、似たような特徴を持つ素材が何か検討する、その素材によく合う素材・調味料・香辛料などをリストアップ、今回の素材に試す、という段取りです。

魚=事案、似たような特徴の素材=判例、香辛料等=その判例の処理手順、試す=あてはめ、と読みかえれば正に初見の論文問題の攻略手順です。

物事の本質は似ているのだなぁと、思った次第です。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 条文マーキング講義刑事訴訟... | TOP | 277 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL