利用目的を意識する

2016-10-12 16:53:43 | 司法試験関連

教材として何を使うか、と言うときに重要なのは、その「利用目的」です。その教材を使用することによって、「何を習得したいのか」を明確に意識しているかどうかが決定的に重要です。

何となく手に取る、とりあえず有名だから、みんなが使っているから、という理由は「最悪」です。合格との関係でいえば、間違いなく「時間の無駄遣い」で終わります。何時間勉強しようが、頂上へ一歩も近づいていないという事です。

試験対策は、「頑張ったかどうか」が問題なのではありません。試験に努力賞があれば別ですが、そんなもんはありません。

重要なことは、「やるべきことをやりきったかどうか」です。教材選びも、その「やるべきことをやりきる」過程で、「その道具として」選ぶ、という意識を持つようにして下さい。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民法を攻略する | TOP | 勝利への脱出 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL