Dancing in the dark

2016-11-26 00:15:39 | 雑感

今からちょうど30年前の1986年11月。まだ洋楽に詳しくなかったので、同級生に「アメリカで一番人気のあるアルバムって何?」と聞くと、「じゃぁ、これだね」とカセットテープを貸してくれた。それが「ブルース・スプリングスティーン&The E STREET BAND LIVE/1975-85」だった。

1986年11月10日に発売されたこのアルバムは、おそらく今後破られることはないであろう、とてつもない記録を残した。レコードとCDとカセットが同じ割合で売れていた時代において、CDへの移行を加速させたアルバムと言われているが、凄さはそこではない。

LP5枚組、CD3枚組と言う大型ライブアルバムは発売初日で100万セットを売り上げた。ニューヨークのタワーレコードでは初日にトラック2台分のアルバムが運び込まれたが、トラックから降ろした瞬間に完売してしまった。...
最終的には全米セールスは1200万セットを超えた。これは文字通り「記録破りの新記録」だった。当時、3枚組以上のアルバムで最も売れた記録は「20万セット」だったのだ。つまり、従来の記録を60倍のスケールでぶち破ったわけである。しかもライブ・アルバムで。

記録はそれだけではない。ビルボード・チャートで驚天動地の初登場1位を記録したのだ。当時のチャートでは、初登場1位はそれまで僅かに3枚しかなかったのだ。書き間違いではない。3枚だ。エルビスもビートルズもイーグルスも記録していない、音楽史上の偉業である。

30年前、何気ない一言で聞くことになったブルースの曲だが、高校生だった吉野の魂を激しく震わせることになる。ブルースの曲はメロディも素晴らしいが、彼の真骨頂はやはその「詩」にある。現代アメリカ最大の詩人とも呼ばれることのあるブルースの詩は、心の琴線に触れ、自分では言語化できない心のひだの1枚1枚を表現してくれる。以来、ブルースの曲は家で机に座ってじっくり聞く癖がつくことになる。何故なら常に歌詞カードを読みながら曲を聴いていたからだ。

30年たった今、ブルースの自伝を読んでいるが、表現が本当に豊かだ。ブルースが紡ぎ出す言葉には不思議な魔法がある。67歳になった御大は、「自分に残された活動時間」を意識するようになったそうだ。来年にはニューアルバムの発売も予定しているようで、待望の来日公演の期待も高まる。1988年に東京ドームでブルースのライブを見て以来、生で彼の演奏は見ていない(と言うか来日していない)。当時は高校生だったけど、30年が経った今、どう感じるかも楽しみだ。何て言いながら、Born in the USAのイントロが流れてきたら、まぁ、当時に逆戻りだろうけどね!

大統領自由勲章受章、おめでとうブルース!

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「答練を受ける時期」問題 | TOP | 会社法百選マーキング講義ver2 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-11-26 01:27:17
正直、ロー内での恋愛と現役合格率との関係において恋愛はマイナスになるのでしょうか?
恋愛をしろという人もいれば、する暇があれば勉強しろという先輩もいてして良いのかわかりません。
Unknown (yoshino)
2016-11-26 10:06:32
個人差が大きい問題なので一般化はできないですね。

「自分にとって」どちらがプラスになるかを考えればいいだけかと。

post a comment

Recent Entries | 雑感

Trackback

Trackback  Ping-URL