『健康100話』ボディリフォームストレッチ公式ブログ

今、気づかなければいけない!
健康作りは、医療や物に依存する事では無いという事に!
積み重ねた結果が今の自分!

健康100話(369):仏性

2017年05月11日 10時24分19秒 | 健康・病気
最近、親子間の会話での「言葉の乱れ」が氣になる。
近所のショッピングモールに行くと、子供を叱る親の言葉がとても汚い。
「おまぇシバくぞ!」(関西弁で殴るという意味)などの暴言を子供に浴びせている光景をしょっちゅう見かけます。
親が子供に対してキレているのである。
これは明らかに躾(しつけ)の意味ではなく、子供に対しての「怒り」の感情から出ている。

そのような汚い言葉で育てられた子供は「仏心」が育たないまま大人になってしまう。
最近、たばこの吸い殻、空き缶、ごみetcを路上などに平気で捨てていく人が多い。
また、スマホいじりながら周囲に氣を止めないなども、仏性が育ってないひとつの「証」ではないだろうか!?。

ただ、世の中が「仏性」が育ちにくい環境であるのも確か!。
時間と手間を掛けた「おふくろの味」を知らずに、何でも「チン!」で作った料理もどきを出させては、「愛情」が子供には伝わらない。
(ちなみに私個人としては、チンとか冷凍食品は調理とは言いません。化学変化と考えてます。)
「チン」で出された物は、所詮「珍味」にしかならないとは、円楽師匠のお言葉!。
(座布団1枚!)

親が忙しいのは分かるが、出汁をとるのが「めんどくさい」とか、お茶を入れるのがめんどくさいと言い、ペットボトルのお茶やジュースで済ますなど、世の中が「便利」になればなるほど「仏性」が育たなくなる。

まず、大人になるには「愛情」とは「時間」であり、子供や家族、周囲の人に対して「手間をおしまない」という気持ちを持つ事が大切だと考えます。

大人の身体を持った子供=アダルトチルドレンが多すぎる日本。
まずは、「おはよう」「お帰り」「ありがとう」「ごめんなさい」などの言葉からだろうなぁ~!?。


『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康100話(368):治るには... | トップ | 健康100話(370):異常に氣... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。