ボディリフォームストレッチ公式ブログ『健康100話』

今、気づかなければいけない!
健康作りは、医療や物に依存する事では無いという事に!
積み重ねた結果が今の自分!

健康100話(353):健康力とは!?②

2016年11月07日 10時23分11秒 | 健康・病気
携帯電話をはじめ、今の世の中は「便利」なものが溢れるほど存在します。
けれど、いっけん便利に思える物を使うことが「当たり前」になると、人間の備わった様々な能力が低下します。

低下する能力は、どれも数値化できるものではないので、その能力が落ちている事に氣がついた時は、すでに相当低下した時だと思います。

その能力とは…。

①感じる力(感知力)
ボディリフォームストレッチを受講を希望される人に、時々フィットネスクラブのインストラクターや、武道の先生などがいらっしゃいます。
この方たちは、いつも身体を鍛えているので普通は「健康」だと思いますよね!。
ところが、いざレッスンが始まるととても辛そうに体操されるのです。

隣で体操している80代のばあちゃんの方が、気持ち良そうな顔をされているのです!。(笑)
つまり、「頑張る」「引き締める」「素早く動く」「力む」という事ばかりされてきた為、筋肉は縮む事は得意になったけれど(力む)伸びる(弛緩)する事は苦手になっています

また、長年身体を動かしてない人や、体内に「老廃物」「疲労物質」をため込んだ人も、筋肉が伸び縮むする能力が低くなっている為、「自分にとって最適な刺激」というものを感じ取る事が苦手になっています。

携帯電話やパソコン、タブレットなどの画面を、常に見ている人も同じです。


町中で「スマホ歩き」をしている人は、「周辺視野」を感じ取る能力が低くなりますし、何より大人がそのような行為をすると子供が真似をするから「いけない」という社会的な道義レベルの低下を招くことを感じ取れなくなってしまいます。

危険察知能力、道義的感覚、快刺激or苦痛刺激の選択能力、人との距離感(空気を読むとか読めないとも言います)など、数値化」できないが、人間社会において結構大切な感覚の低下が、便利な物を浸り過ぎると、ジワジワとおこってしまうのです。

時には「アナログ感覚」で生活してみると、自分は息をしている事に氣づくかもしれませんね!。

~つづく~

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康100話(352):健康力と... | トップ | 健康100話(354):健康力と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。