Testpassportの問題集は模擬試験問題と最も正確答案(Q@A)を含みます

testpassport問題集を使って、100%IT関する試験をパスできます

1Z0-803受験対策を手に入れたら、半分の労力でも二倍の効果を得ることができます

2017-05-13 10:26:00 | Oracle
Oracle Certified Associate, Java SE 7 Programmer 資格勉強法で知識を体系的に習得すると、自分は何を知っていて、何をまだよく知らないのかが分かるようになりました。
Java SE 7 認定資格では、Javaによるオブジェクト指向プログラミングの技法とファイルI/OをはじめとするコアAPIを使用したJavaアプリケーションの作成 方法に習熟していることを証明します。
試験番号: 1Z0-803
試験名: Java SE 7 Programmer I
試験時間:150 分
※このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数:80問
合格ライン:63 % 合格ラインは変更されることがあります。
合格ラインポリシー
追加情報:
Java SE 7 認定資格のお知らせについては、こちらをご覧ください。
Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格として認定されるためには日本語で試験を受験いただく必要があります。
英語試験で受験された場合、Oracle Certification Program としての認定対象とはなりますが、 Oracle Certified Java Programmer 資格として同時認定の対象とはなりませんのでご注意ください。
不正行為に関するポリシー
再受験について
出題形式:選択問題
受験料(税抜き): 26600 円
対応資格:Oracle Certified Associate, Java SE 7 Programmer , Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 - Available only in Japan (Oracle Certified Associate, Java SE 7 Programmer)

TestpassportのOracle Java and Middleware 1Z0-803問題集は、多くの候補者によって証明されており、はるか先国際舞台でてきました。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803受験対策は一年で無料更新サービスを提供いたし、本格的な模擬テストとすごく近いし、合格率は97%以上です。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803勉強材料は包括的であり、価格は認証の成功率は100%であり、プロのIT認定サイトです。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803学習資料を提供し、それぞれが1年間無料更新の施設をお楽しみいただけます。

1Z0-803試験内容 チェックリスト:

【出題に関する注意事項】

package および import 文の欠落:
サンプルコードに package および import 文が記載されておらず、設問にも明示的に指示が行われていない場合は、すべてのサンプルコードは同一パッケージ内に存在する、あるいは適切なインポートが行われているものとします。
クラスが定義されるソース・ファイル名やディレクトリ・パス名の欠落:
設問内にソース・ファイル名やディレクトリの場所が指定されていない場合は、コードのコンパイルおよび実行を可能にするため、次のいずれかを想定しています。
すべてのクラスは、1つのソース・ファイル内に存在する。
各クラスは異なるソース・ファイルに格納されており、すべてのファイルは同一ディレクトリ内に存在する。
意図しない改行:
サンプルコード内に、意図しない所で改行されているコードが存在する場合があります。行が折り返されたように見えるコードがあった場合、例えば、引用符で囲まれた文字列リテラルの途中で改行されているような場合、折り返されたコードは改行前のコードの延長であると仮定し、コードにはコンパイル・エラーの原因となる改行は含まれていないものと想定します。
コード断片:
コード断片は、ソースコードの一部を表示したものです。完全なコードを省略表示したものであり、コードのコンパイルと実行が問題なく行える環境が整っていると想定します。
コメント中の説明:
「setter メソッドおよび getter メソッドをここに記述」などの説明コメントは、文字通りに解釈してください。説明コメントにあるコードが存在し、コンパイルおよび実行が問題なく行わえるものと想定します。

【トピック】

Javaの基本
変数のスコープを定義する
Javaクラスの構造を定義する
main()メソッドがある実行可能なJavaアプリケーションを作成する
他のJavaパッケージをインポートしてコードでアクセスできるようにする

Javaのデータ型の操作
変数を宣言および初期化する
オブジェクト参照変数とプリミティブ変数を区別する
オブジェクトのフィールドに対して読取りと書込みを行う
オブジェクトのライフサイクルについて説明する
オブジェクトのメソッドを呼び出す
StringBuilderクラスおよびそのメソッドを使用してデータを操作する
文字列を作成および操作する

演算子と決定構造の使用
Javaの演算子を使用する
カッコを使用して演算子の優先順位を変更する
==とequals()を使用して文字列と他のオブジェクトが等しいかどうかをテストする
ifおよびif/else構造を作成する
switch文を使用する

配列の作成と使用
1次元配列を宣言、初期化、インスタンス化および使用する
多次元配列を宣言、初期化、インスタンス化および使用する
ArrayListを宣言および使用する

ループ構造の使用
whileループを作成および使用する
拡張forループを含むforループを作成および使用する
do/whileループを作成および使用する
ループの構造を比較する
breakとcontinueを使用する

メソッドとカプセル化を操作する
引数と戻り値があるメソッドを作成する
staticキーワードをメソッドとフィールドに適用する
オーバーロードメソッドを作成する
デフォルトコンストラクタとユーザー定義のコンストラクタを区別する
コンストラクタを作成および多重定義する
アクセス修飾子を適用する
カプセル化の原則をクラスに適用する
値を変更するメソッドに渡した場合のオブジェクト参照とプリミティブ値に対する影響を判断する

継承の操作
継承を実装する
ポリモフィズムの使用例を示すコードを開発する
参照の型とオブジェクトの型を区別する
キャストが必要なタイミングを判断する
superとthisを使用してオブジェクトとコンストラクタにアクセスする
抽象クラスとインタフェースを使用する

例外の処理
チェックされる例外、RuntimeExceptionsおよびエラーを区別する
try/catchブロックを作成し、通常のプログラム・フローが例外によってどのように変更されるかを判断する
Javaで使用される例外について説明する
例外をスローするメソッドを呼び出す
一般的な例外クラスとカテゴリを認識する

弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803問題集を購入することを選択したとして、近年に試験合格助けるために全力を尽くす。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803トレーニング教材を作るために彼らの知識と経験を使用して達成することができます。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803受験対策を手に入れたら、半分の労力でも二倍の効果を得ることができます。

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CCNA Routing and Switching... | トップ | JN0-360問題集を提供して差し... »

コメントを投稿

Oracle」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。