Testpassportの問題集は模擬試験問題と最も正確答案(Q@A)を含みます

testpassport問題集を使って、100%IT関する試験をパスできます

C9520-423試験合格を助けるために迅速かつ便利なトレーニングツールを見つけることができます

2017-07-11 10:24:59 | IBM
TestpassportのIBM Certified Solution Developer C9520-423問題集は経験豊富な専門家の豊富な経験と専門知識によって開発され、品質は非常に良好であり、非常に高速な更新レートを持っています。
弊社のIBM Certified Solution Developer C9520-423参考書を勉強すると、專門の試験内容を見つけることができます。
弊社のIBM Certified Solution Developer C9520-423勉強資料を使うと、あなたの目標を達成し、最高の結果を得ることができます。
短期間で最小の労力で最大の結果を達成し、IBM Certified Solution Developer C9520-423試験に合格したい場合、あなたはTestpassportのC9520-423問題集を使用することができます。
IBM Certified Solution Developer C9520-423試験合格を助けるために迅速かつ便利なトレーニングツールを見つけることができます。

C9520-423テスト情報:

試験名称:IBM WebSphere Portal 8.5 Solution Development
質問の数:59
試験時間:90
必要な合格点数:66%
言語:英語
対応資格:IBM Certified Solution Developer - WebSphere Portal 8.5

IBM Certified Solution Developer - WebSphere Portal 8.5認定は、IBM WebSphere Portalソリューションを設計または開発する幅広い製品知識を持つ中級レベルの開発者、アーキテクト、またはコンサルタントを対象としています。 これらの個人は、IBM WebSphere Portal 8.5の運用サービスとスキルに関する幅広い知識を持っています。 聴衆は、Java、JSR 286仕様、テーマ開発、およびポータルAPI / SPIの使用に精通しています。
これには以下のタスクが含まれます。
- アーキテクチャと構成
- ポートレットの開発
- テーマとスキンの開発
- ポータルAPIとSPI
この開発者は、一般的に自立しており、同僚、製品のマニュアル、またはサポートサービスからの限られた助けを借りて、この役割に関連するほとんどのタスクを実行することができます。

IBM Certified Solution Developer C9520-423試験の一般的な出題内容を示します。ただし、IBM Certified Solution Developer C9520-423試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。IBM Certified Solution Developer C9520-423試験の内容をより正しく反映した明確な内容にするために、下記のガイドラインは予告なく変更される場合があります。

Architecture and Configuration
Understand basic server configuration
Understand the Portlet lifecyle
Understand two-phase rendering
Edit Portlet Preferences
Understand JSR 286 Portlet Filters
Understand caching strategies
Make use of the Ajax proxy
Filter pages using device classes
Design and implement portal personalization
Expose Web applications inside IBM WebSphere Portal
Define WSRP Portlet

Developing Portlets
Develop portlets based on JSR 286 Specification
Use Portlet JSP tags
Understand and develop inter-portlet communication
Develop a portlet to perform impersonation
Pre-deploy portlets

Developing Themes and Skins
Create a new theme
Understand Dynamic Content Spots
Understand the Responsive Theme
Create a custom theme module
Create HTML layout
Understand the Menu Framework
Create a theme that uses static content outside of WebDAV
Use Portal JSP tags
Use WebDav
Deploy Themes
Use the Theme Optimization Analyzer portlet to debug theme problems

Portal APIs and SPIs
Understand Portal API
Use REST APIs
Understand the uses of the Controller SPI
Understand and use the PUMA SPI
Use the Navigational State SPI to create custom links and generate URLs
Develop a customized login
Understand Authentication Filters
Develop a custom portlet service
Develop a custom portlet that uses credential vault
Use the Navigational State SPI to create custom links and generate URLs

Testpassportはすべての角度からの問題、および製造の適用試験トレーニング資料を検討してください。弊社のC9520-423問題集は候補者のニーズを満たすために自分自身の専門の心と経験を使用しています。
弊社のIBM Certified Solution Developer C9520-423問題集は広範囲な研究と経験に基づいてC9520-423質問と解答を提供することができます。

1.Assuming that the user-agent was correctly configured as a_smartphone, what syntax in the theme
module definition should be used to include a resource that is specific to this client?
A. <uri value="res:/HelloWorld/css/a_smartphone.css" />
B. <uri smartPhone="res:/HelloWorld/css/a_smartphone.css" />
C. <uri userAgent="smartphone" value="res:/HelloWorld/css/a_smartphone.css" />
D. <uri deviceClass="smartphone" value="res:/HelloWorld/css/a_smartphone.css" />
Answer: D

2.A developer wants to add two portlet preferences to his portlet application.
Which file is the correct location to insert the preferences?
A. web.xml
B. portlet.xml
C. application.xml
D. preferences.xml
Answer: B

3.James is developing a portlet and wants to share the cache entry across all users upon certain
conditions.
What is a valid way to accomplish his goal?
A. Add the conditions in the doView method and set the cache scope to public in the request.
B. Add the conditions in the doview method and set the cache scope to public in the response.
C. Add the conditions in the doHeade rs method and set the cache scope to public in the request.
D. Add the conditions in the doHeaders method and set the cache scope to public in the response.
Answer: D

4.Arthur needs to clean up cached user data from an object cache in IBM WebSphere Portal after the
user's session is ended.
Which areas are valid to place Arthur's cleanup logic? (Choose two.)
A. Implicit Login Filter Chain
B. Explicit Login Filter Chain
C. Implicit Logout Filter Chain
D. Explicit Logout Filter Chain
E. Session Validation Filter Chain
Answer: B,E
ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1Y0-371問題と解答は本物の試... | トップ | C2090-600勉強材料、C2090-60... »

コメントを投稿

IBM」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。