Testpassportの問題集は模擬試験問題と最も正確答案(Q@A)を含みます

testpassport問題集を使って、100%IT関する試験をパスできます

1Z0-417参考書を使って、すべての知識を更にはっきりと認知できます

2017-06-15 11:28:20 | Oracle
受験者を簡単にOracle Database 1Z0-417認定試験に合格させられる方法がないですか
試験番号: 1Z0-417
試験名: Oracle Database Performance and Tuning Essentials 2015
試験時間:120 分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 82問
合格ライン:75%
合格ラインポリシー
追加情報:
不正行為に関するポリシー
再受験について
出題形式:選択問題
受験料(税抜き): 26600 円
対応資格:Oracle Database Performance and Tuning 2015 Certified Implementation Specialist

TestpassportのOracle Database 1Z0-417問題集は値段が安くて、的中率も高くなり、知識が含まれて、一発挑戦で試験に合格する事を保証できます。
弊社のOracle Database 1Z0-417参考書を使って、すべての知識を更にはっきりと認知できます。
弊社のOracle Database 1Z0-417試験資料を利用してみたら効果があるかどうか自分でよく知っているようになります。
弊社のOracle Database 1Z0-417勉強材料は豊富な経験を持っているIT専門家が研究したもので、問題と解答が緊密に結んでいるものです。

製品/ソリューションの概要
データベースのパフォーマンスとチューニングに関する Oracle のソリューションおよびその Oracle の戦略に対する適合度について説明する
製品の歴史と公開されている将来のロード・マップについて説明し要約する
Oracle のポートフォリオに含まれているデータベース・パフォーマンスに関する Oracle の製品テクノロジ、競争市場、およびパートナーが使用できる機会を区別する
Oracle のデータベース・パフォーマンス・ソリューションを始めるために必要なものと、必要な最低環境および標準環境について説明する

ソリューションの位置付け
Oracle のテクノロジを位置付けてデータベース・パフォーマンスのニーズに合わせるために役立つ質問を識別および作成する
顧客の要件を推進する市場動向とビジネス動態に対処する Oracle の製品テクノロジについて説明する
Oracle のデータベース・パフォーマンス・ソリューションに関する主要なポジショニング・ステートメントについて説明する
Oracle Database ソリューションの価値提案と、このソリューションがどのようにして顧客の財政状態(収益や損失など)にプラスの影響を与えるかについて説明する

各技術の製品領域機能
Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを構成する製品テクノロジおよび主要機能について説明する
Oracle のデータベース・パフォーマンス・ソリューションの主要なハードウェアおよびソフトウェア製品コンポーネントの概要を提供する
次のような、Oracle のソリューションに特有の主要機能および用語について説明する
Oracle のパフォーマンス・チューニング方法、DB時間モデル
Oracle のデータベース・パフォーマンスおよび診断に関する製品テクノロジおよびソリューションの機能
Oracle Enterprise Manager Database Express
Oracle Enterprise Manager Cloud Controlを使用することによって得られる追加のデータベース・パフォーマンス機能
機能とメリットを識別して顧客のビジネス・ニーズと要件シナリオに対応付ける

アーキテクチャ
特定の顧客の状況についてソリューション/製品が稼働するハードウェアのタイプを識別する
単一テナント、マルチテナントおよび非 CDB 環境で Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを構築するために必要なシステム要件の概要について説明する。アーキテクチャとベスト・プラクティスの参照元を識別する
次のような、Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションに使用できる Oracle の製品テクノロジのアーキテクチャ・モデルについて説明する
AWR、ADDM、ASH、および Database Express のアーキテクチャ
Real Application Testing のアーキテクチャ
Real User Experience Insight のアーキテクチャ
Oracle Application Testing のアーキテクチャ
統合: Oracle Enterprise Manager Cloud Control のアーキテクチャ
Oracle のデータベース・パフォーマンス・ソリューションに使用できる統合オプションと機能を関連付ける

ソリューションの実装 - インストール、設定
Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを実装するための要件と計画環境の準備状況の概要について説明する
インストールや設定など、Oracle のパフォーマンスおよびチューニング製品テクノロジを実装する
インストールと設定が成功したかどうかをテストおよび検証する

パフォーマンスの診断、監視およびベスト・プラクティス
次のものについて、Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションと Oracle Database の機能を使用して、データベース・パフォーマンスのトラブルシューティング手法を定義および適用する
AWR、ADDM、ASH
Database Express のパフォーマンス・ハブ
次のものについて、Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションの全般的なオプション機能を使用して、データベース・パフォーマンスのトラブルシューティング手法を定義および適用する
アプリケーション、データベース、ミドルウェア、ネットワーク、システム、ストレージ
Real User Experience Monitoring
Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを使用して、Oracle データベースのパフォーマンスを設定するためのパラメータを表示および修正する
設定を定義し、Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを使用してデータベース・パフォーマンス・レポートを実行する
Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを使用してデータベース・パフォーマンス・レポートを自動化する

パフォーマンスのチューニング、ベスト・プラクティス
次のような Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションの機能を使用して、データベース・パフォーマンス・チューニングを分析および適用する
SQL チューニング・アドバイザ
SQL アクセス・アドバイザ
セグメント・アドバイザとオブジェクトの再編成
Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを使用して、Oracle データベースのパフォーマンスをチューニングするために SQL を表示および修正する
Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを使用して、SQL のパフォーマンス・チューニングを定義、設定および自動化する

パフォーマンスのテスト、ベスト・プラクティス
次のような Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションの機能を使用して、データベースのパフォーマンスをテストする
SQL パフォーマンス・アナライザ
データベース・リプレイ
統合的なユーザー・モニタリング(Synthetic User Monitoring)
機能テスト、負荷テストおよびテスト管理
Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを使用して、Oracle データベースのパフォーマンスを表示、テストおよび検証する
Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションを使用して、データベースのパフォーマンスを定義、設定および自動化する

ユースケース、シナリオ
次のものについて、Oracle のデータベース・パフォーマンスおよびチューニング・ソリューションの一般的なユースケースを識別する
パフォーマンスの監視
データベース・パフォーマンス・ヘルス・チェックの実行
データベースの可用性およびサービス・レベルの維持
データベース・パフォーマンスの診断とトラブルシューティング
SQL のチューニング
ユースケースに適用できる Oracle のデータベース・パフォーマンス製品テクノロジを識別する
Oracle のデータベース・パフォーマンス・ソリューションの実装シナリオとオプションについて説明する

Oracle Database 1Z0-417認定試験に失敗すれば、あなたは問題集を購入する費用を全部取り返すことができます。
最新のOracle Database 1Z0-417問題と解答早めにを持て、1Z0-417問題集があればきっと君の強い力になります。

1.For which one would you use an index fast full scan to improve performance?
A. a query having all the columns of an index in the where clause
B. a query that does not need to access table rows
C. a query that needs to access table rows along with an index
D. a column in an index that is compressed
Answer: A
Explanation:
All of the columns required by SQL must reside in the index tree; that is, all columns in the SELECT and
WHERE clauses must exist in the index. Reference:
http://www.dba-oracle.com/t_index_fast_full_scan.htm

2.Which two would automatically create an entry in V$SQL_MONITOR?
A. a parallelized SQL statement
B. any SQL statement run
C. any DML statement
D. a statement that consumes at least 1 second of CPU or I/O time.
E. a statement that consumes at least 5 second of CPU or I/O time.
F. any DDL statement
Answer: C,F
Explanation:
Reference: https://docs.oracle.com/database/121/TGSQL/tgsql_monit.htm#TGSQL789

3.Upon migration to Oracle Database 12c, a customer asked that monitoring at an individual database
level be disabled in favor of database performance monitoring consolidated and centralized across their
enterprise.
Which are two actions you would take to meet the customer's requirements?
A. Disable Oracle Enterprise Manager Database Express by setting the HTTP Port to 0.
B. For the always active Oracle Enterprise Manager Database Express process, create a script that will
disable that process upon database boot.
C. Using the appropriate architecture implement Oracle Enterprise Manager.
D. Delete the “express” directory in Oracle Home to disable Oracle Enterprise Manager Database
Express.
E. Changes permissions of the “express” directory to real only by root.
F. Enable SNMP and configure MIBS on each database and forward database monitoring SNMP traps.
Answer: B,E
ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« VMware VCP6-CMA 2V0-631試験... | トップ | 1V0-603試験資料を提供するだ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。