Testpassportの問題集は模擬試験問題と最も正確答案(Q@A)を含みます

testpassport問題集を使って、100%IT関する試験をパスできます

E20-690受験対策を手にすると、あなたは安心に試験の準備に身を投げられるようになります

2017-06-22 14:38:23 | EMC
EMCPE認定は、VNXの主要な製品およびサービス活動に関する候補者の理解と機能に関する知識を検証します。 これらのアクティビティには、システムのインストール、ハードウェアの機能とサポート、VNXのブロックとファイルサービス、およびトラブルシューティングが含まれますが、これらに限定されません。

EMCPE認定資格の要件を満たすには、以下のことが必要です。
1.次のアソシエイトレベルの認定を取得します。
情報ストレージアソシエート(EMCISA)
情報ストレージアソシエートバージョン2(EMCISA)
情報ストレージアソシエートバージョン3(EMCISA)
2.次のスペシャリスト試験に合格する2014年1月24日以降:
注:これらの詳細は、2014年1月24日現在の認定要件を反映しています。
Proven Professional Programは、定期的に認証要件を更新します。

E20-690はVNXスペシャリストのプラットフォームエンジニア向け試験です。
最も早い時間でE20-690認定試験に合格したいなら、Testpassportを利用すればいいです。
IT業界で仕事している受験者はEMC Platform Engineer E20-690認定試験を受験して資格を取得することを通して、試験知識やスキルを向上させます。
弊社のEMC Platform Engineer E20-690試験参考書を提供してあなたに試験に合格させるだけでなく、最高品質のサービスを提供してあなたに100%満足させることもできるサイトがないからです。
弊社のEMC Platform Engineer E20-690勉強資料はあなたの独自の品質を向上させるだけでなく、完璧な人生価値を実現することも助けます。

EMC Platform Engineer E20-690試験では、VNXシリーズのストレージシステムをBlock、Unified構成でインストール、ケーブル接続、初期化、保守するために必要な知識とスキルに焦点を当てています。
EMC Platform Engineer E20-690試験には、インストールを実行するために必要なリソースの特定およびダウンロード、ブロックおよびユニファイドストレージシステムの管理および操作、USMを使用したソフトウェアアップグレード、VNX現場交換可能ユニット(FRU)の交換、 VNXハードウェア障害の識別、およびストレージプロセッサの問題のトラブルシューティングを行うことができます。

E20-690試験概要:

試験名称:VNX Solutions Specialist Exam for Platform Engineers
問題数:60
試験時間:90
合格ライン:60

E20-690試験トピック:
この試験でカバーされる可能性のあるトピックは次のとおりです。
VNXシリーズインストールの概要(7%)
VNXブロックおよびファイルハードウェアコンポーネント
ブロックおよびファイル構成用のVNXケーブル

製品情報およびリソース(7%)
製品のインストールとメンテナンスに必要な製品ドキュメントの検索
VNX
VNXのインストール、保守、およびアップグレードの手順を生成する

VNX用語、ハードウェアサポート、および機能(13%)
ハードウェアの内部および用語
バックエンドポートとケーブルオプション
DAE、ディスク、ボルトドライブに関する考慮事項
VNX MCxとVNX FLAREの違い

VNXブロックストレージシステムのインストール(13%)
ブロックストレージシステムを初期化する
ブロックストレージシステムをインストールする
RemotelyAnywhereを構成する
ESRSコンポーネントを識別する

VNXブロックおよびファイル操作(7%)
ファイルOE管理および運用コマンド
OE管理と操作コマンドをブロックする

VNXアップグレード、交換、およびシャットダウン手順(17%)
アップグレードのためにSWとHWを特定する
NDUプロセス操作
VNXで診断データを取得するためのツール
VNXブロックツーユニファイドアップグレード操作
USM置換ウィザードオプション

VNXファイルまたはゲートウェイシステムのインストール(17%)
適切なインストールドキュメントとソフトウェアを生成する
サービス有効化タスクとシステムステータスの実行
VNXゲートウェイと統一システムの違い
VNXゲートウェイの接続とケーブル接続オプションの識別

VNXハードウェアフォルトとトラブルシューティング(10%)
Unisphereおよびその他の障害インジケータを使用したハードウェア障害の特定
FRU / CRUの交換手順
SPステータスにspeclcliとnavicliを使用する
Control Station、Data Mover、およびSPのトラブルシューティングを行うCLIコマンド
問題

VNXのトラブルシューティングと復旧(9%)
ファイルシステムの回復方法
ブロック回復コンポーネントと回復手順
VNXプライベートスペースとユーティリティパーティションのレイアウト

本当のEMC Platform Engineer E20-690試験に出題される傾向のあるポイントにまで集中することができる正確性があるので、短期間で合格することができます。
EMC Platform Engineer E20-690受験対策を手にすると、あなたは安心に試験の準備に身を投げられるようになります。
EMC Platform Engineer E20-690勉強資料を選んだら、あなたがもっと充分の時間でEMC Platform Engineer E20-690試験に準備できるように、一年間の無料更新サービスを提供します。
ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RedHat RHCSA EX200トレーニ... | トップ | Microsoft MCSA認証を受ける... »

コメントを投稿

EMC」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。