カメラといっしょ#2

散歩に旅に、日々カメラとともに……

サブローさんの見え方

2016-12-07 17:57:05 | 写真の仕事


サブローさんことKodak SP360で撮った交差点。
右折時に交差点の中心付近から見える景観がこちら。
ほぼ並行しているように見える2本の通りは、間に中央分離帯を挟んだ大きな道路っぽく見えるでしょ?
だけど2本の道路は画面中心(交差点)で直角に交わるというのが本当。
そうとは思えないほど歪めながらレンズを向けた側を360度の半天球状態に写し込む。
SP360を2個用意して組み合わせれば、半天球+半天球で全天球カメラとして使うこともできる。
そういう製品も他社からいくつか販売されているみたいだし。
ただし半天球ですら自分が写り込みやすいのに、全天球ともなればまったくと言っていいほど死角なし。
なので使うことができるのは自分がバンバン見られてOKな人だけ。
それでも360度カメラの魅力っていうのは、見えている画面の右も左も真上なんかもデータとして記録されているってこと。
しかも全天球カメラなら、後から真後ろの画像や映像を楽しむこともできるってところが楽しさだったりするんだよね。
もっと言うと、フツウの写真は目で見てシャッターを切るのでアガりは記憶のなかの映像や画像と合致する。
それが記憶しているものとは違うビジュアルを楽しめるというのがポイントになるってこと。

#北海道 #旅写真 #2016秋 #歪み #天球画像の見え方 #360度 #天球 #サブローさん











 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機窓 | トップ | 朝靄 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

写真の仕事」カテゴリの最新記事