No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

もう一人の自分

2016-10-10 | 
正しくは、「もう一匹の自分」か。我が家のキッチンの脇の小さな小窓には、レースのカーテンが掛かっている。猫がそのカーテンをくぐり、小窓の前で何かゴソゴソしている。何か怪しいので、こっそりと覗いてみれば・・・。自分と向かいあっているのか、幻の猫と密会しているつもりか・・・。まさか惚れたとか。


LEICA M9 / ELMAR C90mm F4

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 手水舎 | トップ | ISO12800の目線 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (♪陽ちゃん)
2016-10-11 09:51:44
こんな姿、良く見かけます。
って、陽ちゃんの場合は高齢者ですけどね(苦笑)
向こう側にいるのが自分自身だと気がつかずに、延々と
鏡に向かって話しかけているお婆ちゃん。
なのに
いきなり、「誰かが見てるから、今日は帰り~」と言って、場所を離れてしまうのです。
話しかけている人も、見られていると思っている誰かさんも、すべて自分なんですけどね(苦笑)
♪陽ちゃん (6x6)
2016-10-11 17:26:09
お、今日は名前を書いてくれましたね。

でもコメントの内容は考えさせれますね。
猫と人間を一緒にするなと言われそうですが、亡くなった猫の経験からいうと、積極的に生きる理由がなくなると、そういうことになるような気がしています。
だから今の猫とはトコトン遊んであげなきゃと、疲れた身体を振り絞って家を走り回るのです。って、どんなオッさんなんですかね。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事